ロート油(読み)ロートゆ

世界大百科事典 第2版の解説

ロートゆ【ロート油 Turkey red oil】

脂肪油とくにヒマシ油などを硫酸処理して得る界面活性剤の一種。硫酸化油sulfonated oilともいう。ロート油の製造は,ヒマシ油,オリーブ油,綿実油,ナタネ油,ぬか油またはオレイン酸などを原料とし,通常35℃以下で濃硫酸を反応させる。反応後に水,熱湯で洗浄し,アルカリ液で中和して得る。おもな原料であるヒマシ油の場合,反応は原料成分のリシノール酸のOH基が硫酸と反応して硫酸エステルとなり,親水性基部分を構成して,油自体の親油性基部分と相まって,界面活性能を発現する(図)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ロート油
ろーとゆ
Turkey red oil

19世紀の中ごろに、赤色の天然染料であったトルコ赤(アリザリン)によるまだら染めを防ぎ、均一な染色を得るために用いられた薬剤。トルコ赤油ともいうが、初めはオリーブ油を硫酸で処理したものが用いられたので硫酸化油sulfonated oilともいう。1875年ころに、ひまし油の硫酸化油が現れてから主流はそれにかわった。1928年以降に新しいいくつかの合成界面活性剤が登場するまでは、せっけんを除いて唯一の界面活性剤として、長い間繊維工業で用いられてきた。現在でも酸性染料の染色助剤としてのほか、農薬の乳化剤・分散剤あるいは植物を用いた皮革のなめし助剤に用いられている。[早野茂夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ダブルベーグル

テニス競技において、一方の選手がゲームカウント6-0で2セット連勝することの通称。真ん中に穴が空いたパンの一種であるベーグルの形が数字の「0」に似ていることが語源となっている。1セットの場合は単に「ベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android