コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマシ油 ヒマシゆ

百科事典マイペディアの解説

ヒマシ油【ヒマシゆ】

トウゴマの種子に含まれる脂肪油。特異臭のある無色〜淡黄色の透明な粘性液体。主成分はリシノレイン(グリセリンのリシノール酸エステル)。下剤として内服。普通,加香されたものを常習便秘,食中毒,疫痢などに服用。
→関連項目下剤ヒマ薬用植物

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ヒマシ油の関連キーワード化学兵器による中毒ロート油不乾性油ポマード朱肉

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヒマシ油の関連情報