コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマシ油 ヒマシゆ

百科事典マイペディアの解説

ヒマシ油【ヒマシゆ】

トウゴマの種子に含まれる脂肪油。特異臭のある無色〜淡黄色の透明な粘性液体。主成分はリシノレイン(グリセリンのリシノール酸エステル)。下剤として内服。普通,加香されたものを常習便秘,食中毒,疫痢などに服用。また減摩油,印刷用インキ,ポマード,セッケンなどの原料。
→関連項目下剤ヒマ薬用植物

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ヒマシ油の関連キーワード化学兵器による中毒不乾性油ロート油朱肉

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android