コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒマラヤスギ ヒマラヤスギCedrus deodara; Indian cedar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒマラヤスギ
Cedrus deodara; Indian cedar

マツ科の常緑高木。インドのヒマラヤ地方からアフガニスタンにかけての原産で,明治初期に日本に渡来した。ピラミッド形の樹形が優美で特に洋風庭園によく植えられる。幹は直立し,ときには 30mにもなる。枝は水平に広がり,先端がやや下垂する傾向がある。樹皮は灰褐色で,割れてはげる。葉は短枝に束生し,針状白みを帯びた緑色である。雌雄同株で,老木になってから開花する。秋に,3cmぐらいの円柱状の直立した淡黄褐色の雄花と,10cmぐらいで緑色を帯びた雌花をつける。1年ほどかかって成熟した球果は長さ 10cmあまりの大きな円筒形の松かさとなり,褐色で直立する。材は堅く原産地では建築材,土木材などに利用されるが,日本では使われていない。なお同属には西アジアに産するレバノンスギ C. libaniがあり,欧米では庭園樹としてよく植えられている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ヒマラヤスギ

マツ科の常緑高木。ヒマラヤ地方原産で,日本には明治初めに渡来,庭園樹などとして,広く植栽される。枝が水平にはり,樹形は円錐形で美しい。葉は針状で,長枝では互生,短枝では多数束生する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒマラヤスギ【Himalayan cedar】

ヒマラヤシーダーともいう(イラスト)。樹容の端正なマツ科の常緑高木で,世界で最も優れた庭園樹の一つとされる。高さ30~50mになり,太い枝を長く張って広円錐形の樹形をなす。幹は径1~3mにもなり,樹皮は灰褐色でこまかく割れる。葉は針形で長さ2~5cm。枝の主軸では螺生(らせい),短枝上では20~50本が束生する。10~11月に雄花と雌球花を別々の短枝端に直立させ,雄花は黄褐色円柱形で長さ2~5cm,雌球花は淡緑色で小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒマラヤスギ
ひまらやすぎ
Himalayan cedar
[学]Cedrus deodara (Roxb.) G. Don

マツ科の常緑高木。英語名はヒマラヤシーダー。大きいものは高さ50メートル、径3メートルに達する。樹冠は端正な円錐(えんすい)形。樹皮は灰褐色で割れ目ができ、はげ落ちる。葉は針状で長く伸びた若枝では互生し、短枝では多数がいっしょに出る。雌雄同株。10~11月、開花する。雄花は長楕円(ちょうだえん)形の穂になり、短枝の先に直立する。雌花は円錐形をなして単生し、浅緑色。球果は短枝に1、2個直立し、卵形または長卵形で長さ6~13センチメートル、径5~6センチメートル、翌年の10~11月に暗褐色に熟す。成熟すると果鱗(かりん)が緩み、果軸だけ残して脱落する。ヒマラヤ北西部、アフガニスタンの海抜1000~4000メートルの山地に自生する。現在、世界各国の公園、庭園に広く植栽されている。日本には1879年(明治12)ころ渡来し、北海道(中央部以南)から九州の各地に植栽されている。材は、耐久力が強くて芳香があり、原産地では建築、土木、船、用材、器具などに利用する。類似種にレバノン産のレバノンスギC. libanii A. Rich.と北アフリカのアトラス山脈産のアトラスシーダーC. atlantica Manettiがあり、日本にも渡来し、まれに植栽されている。[林 弥栄]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ヒマラヤスギの関連キーワードカディーシャ渓谷〈聖なる谷〉と神のスギの森〈ホルシュマツノミドリハバチ(松緑葉蜂)ヒロバキバガ西サヤン山脈マキノー島ツガカレハシーダー油レバノン杉新宿御苑バトナ

ヒマラヤスギの関連情報