コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュパティア Hypatia

3件 の用語解説(ヒュパティアの意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

ヒュパティア【Hypatia】

370頃~415) アレクサンドリアの女性哲学者。数学者テオンの娘で、新プラトン主義の哲学を講じた。陰謀の疑いをかけられてキリスト教の暴徒に殺害され、異教哲学の衰退を象徴する事件となる。歴史上名の知られた最初の女性学者。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヒュパティア

古代アレクサンドリアの女性哲学者,自然学者。数学者テオンの娘。プトレマイオス・クラウディオスアルマゲスト》の注釈を補訂し,ディオファントスペルゲアポロニオスの注釈を行ったと伝える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュパティア【Hypatia】

370ころ‐415
史上名の知られている最初の女流科学者。数学者アレクサンドリアのテオンの娘で,とくに哲学,数学,天文学,医学に通じていた。父を助けてプトレマイオス《アルマゲスト》の注釈の改訂版を完成し,ディオファントスアポロニオスの注釈を書いたと言われている。彼女はアレクサンドリアの新プラトン学派の学校で教えたが,キリスト教の狂信者の一団により虐殺された。【佐藤 徹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒュパティアの関連キーワード怖いもの知らず史上秘史虫の知らせ名酒顕者名の木冥見無名戦士ラーマカムヘン

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone