コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュパティア Hypatia

大辞林 第三版の解説

ヒュパティア【Hypatia】

370頃~415) アレクサンドリアの女性哲学者。数学者テオンの娘で、新プラトン主義の哲学を講じた。陰謀の疑いをかけられてキリスト教の暴徒に殺害され、異教哲学の衰退を象徴する事件となる。歴史上名の知られた最初の女性学者。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュパティア【Hypatia】

370ころ‐415
史上名の知られている最初の女流科学者。数学者アレクサンドリアのテオンの娘で,とくに哲学,数学,天文学,医学に通じていた。父を助けてプトレマイオス《アルマゲスト》の注釈の改訂版を完成し,ディオファントスやアポロニオスの注釈を書いたと言われている。彼女はアレクサンドリアの新プラトン学派の学校で教えたが,キリスト教の狂信者の一団により虐殺された。【佐藤 徹】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュパティアの関連キーワードシュネシオス[キュレネの]アポロニオス(ペルゲの)新プラトン主義暴徒

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android