コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュルフローニェ ヒュルフローニェ Hurgronje, Christiaan Snouck

2件 の用語解説(ヒュルフローニェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュルフローニェ
ヒュルフローニェ
Hurgronje, Christiaan Snouck

[生]1857.2.8.
[没]1936.6.26.
オランダイスラム学者,東洋学者。アラビアに数年間滞在して大著『メッカ』 Mekka (1888~89) を出版し,さらにインドネシアに行って 1906年までイスラム研究を続けた。この間に著わした『アチェ人』 De Atjehers (93~94) はアチェ戦争におけるオランダの政策の誤りを指摘し,その終結に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュルフローニェ【Christiaan Snouck Hurgronje】

1857‐1936
オランダのイスラム学者。姓は正しくはスヌーク・ヒュルフローニェライデン大学で神学とセム語を学び,1880年にメッカ巡礼についての論文で博士号を取得した。84‐85年,アラビアに滞在したが,キリスト教徒としてメッカ滞在6ヵ月の最長記録は,彼がいかにアラビア語やイスラム学に精通していたかを物語る。88年から翌年にかけて大著《メッカ》2巻をドイツ語で書き,世界的名声を確立した。89年からオランダ領東インド政府官吏としてインドネシアに勤務し,すでに十数年来続いていたスマトラアチェ戦争につき,政庁に助言してその収拾に寄与しつつ,《アチェ人》2巻(1893,94)を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ヒュルフローニェの関連キーワード蓮沼オランダ渡りダッチオランダの罠オライはすぬまオランダの犯罪マシニョン王岱与ゴルトツィーハーシュリーケ

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone