コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュルフローニェ Hurgronje, Christiaan Snouck

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュルフローニェ
Hurgronje, Christiaan Snouck

[生]1857.2.8.
[没]1936.6.26.
オランダのイスラム学者,東洋学者。アラビアに数年間滞在して大著『メッカ』 Mekka (1888~89) を出版し,さらにインドネシアに行って 1906年までイスラム研究を続けた。この間に著わした『アチェ人』 De Atjehers (93~94) はアチェ戦争におけるオランダの政策の誤りを指摘し,その終結に貢献した。 06年にライデン大学教授に就任し,またインドネシア問題顧問として植民政策に多くの助言をした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュルフローニェ【Christiaan Snouck Hurgronje】

1857‐1936
オランダのイスラム学者。姓は正しくはスヌーク・ヒュルフローニェ。ライデン大学で神学とセム語を学び,1880年にメッカ巡礼についての論文で博士号を取得した。84‐85年,アラビアに滞在したが,キリスト教徒としてメッカ滞在6ヵ月の最長記録は,彼がいかにアラビア語やイスラム学に精通していたかを物語る。88年から翌年にかけて大著《メッカ》2巻をドイツ語で書き,世界的名声を確立した。89年からオランダ領東インド政府官吏としてインドネシアに勤務し,すでに十数年来続いていたスマトラアチェ戦争につき,政庁に助言してその収拾に寄与しつつ,《アチェ人》2巻(1893,94)を著した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヒュルフローニェの関連キーワードC.スヌーク ヒュルフローニエスヌーク・ヒュルフローニェB.J.O. シュリーケシュリーケ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android