コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒュルフローニェ ヒュルフローニェHurgronje, Christiaan Snouck

2件 の用語解説(ヒュルフローニェの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒュルフローニェ
ヒュルフローニェ
Hurgronje, Christiaan Snouck

[生]1857.2.8.
[没]1936.6.26.
オランダイスラム学者,東洋学者。アラビアに数年間滞在して大著『メッカ』 Mekka (1888~89) を出版し,さらにインドネシアに行って 1906年までイスラム研究を続けた。この間に著わした『アチェ人』 De Atjehers (93~94) はアチェ戦争におけるオランダの政策の誤りを指摘し,その終結に貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ヒュルフローニェ【Christiaan Snouck Hurgronje】

1857‐1936
オランダのイスラム学者。姓は正しくはスヌーク・ヒュルフローニェライデン大学で神学とセム語を学び,1880年にメッカ巡礼についての論文で博士号を取得した。84‐85年,アラビアに滞在したが,キリスト教徒としてメッカ滞在6ヵ月の最長記録は,彼がいかにアラビア語やイスラム学に精通していたかを物語る。88年から翌年にかけて大著《メッカ》2巻をドイツ語で書き,世界的名声を確立した。89年からオランダ領東インド政府官吏としてインドネシアに勤務し,すでに十数年来続いていたスマトラアチェ戦争につき,政庁に助言してその収拾に寄与しつつ,《アチェ人》2巻(1893,94)を著した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ヒュルフローニェの関連キーワード数学基礎論片岡仁左衛門ジョージ人民戦線トヨダAA型浪華悲歌日本映画接触変成作用輝岩歌沢寅右衛門

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone