コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンツェ ヒンツェHintze, Otto

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒンツェ
Hintze, Otto

[生]1861.8.27. ピュリッツ
[没]1940.4.25. ベルリン
ドイツの歴史家。 J.ドロイゼンのもとにベルリン大学で中世史を研究したが,その後歴史学派経済学者の G.シュモラーから強い影響を受け,独特の比較国制史を開拓した。研究の中心は,初め絶対王政時代のプロシア行政史におかれ,シュモラーの委嘱で『プロシア文書集』 Acta Borussicaの官僚行政および絹織物工業の部分の編纂,またこれをふまえて多くのプロシア史研究論文を発表。『ホーエンツォレルン家とその事業』 Die Hohenzolern und ihr Werk (1915) はその集大成であるが,第1次世界大戦後には,西欧近代国家の起源という問題意識から,M.ウェーバーの影響のもとに『封建制の本質と拡大』 Wesen und Verbreitung des Feudalismus (29) ,『西欧における身分議会制の類型学』 Typologie der ständischen Verfassungen des Abendlandes (30),『代議制の世界史的諸条件』 Weltgeschichtliche Bedingungen der Repräsentativverfassung (31) などのすぐれた比較国制史的研究を残し,第2次世界大戦後の西ドイツにおける社会史研究の先駆として高い評価を受けた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

367日誕生日大事典の解説

ヒンツェ

生年月日:1861年8月27日
ドイツの歴史家
1940年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ヒンツェの関連キーワード歴史社会学生年月日

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android