ヒンドゥスターン平原(読み)ヒンドゥスターンへいげん(英語表記)Hindustān

翻訳|Hindustan

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンドゥスターンへいげん【ヒンドゥスターン平原 Hindustān】

インド亜大陸北部の大平野。北のヒマラヤ山脈と南のインド半島の安定陸塊との間の陥没地帯に沖積層が厚く堆積してつくられた。ヒンドゥスターンの語義はペルシア語の〈インド地方〉で,広義のヒンドゥスターン平原はインダス,ガンガー(ガンジス)両河流域平野を指すが,狭義には後者のみに限る。インド・パキスタン分離独立後,インドではブラフマプトラ川の平野を含めたインド国内の平原をインド大平原Great Indian Plainと呼んでいる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

別腹

1 これ以上は食べられない満腹状態でも甘い菓子なら食べられることを、別の腹に入るといった語。「甘いものは別腹」2 「べっぷく(別腹)」に同じ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android