コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒンドゥスターン平原 ヒンドゥスターンへいげんHindustān

翻訳|Hindustān

世界大百科事典 第2版の解説

ヒンドゥスターンへいげん【ヒンドゥスターン平原 Hindustān】

インド亜大陸北部の大平野。北のヒマラヤ山脈と南のインド半島の安定陸塊との間の陥没地帯に沖積層が厚く堆積してつくられた。ヒンドゥスターンの語義はペルシア語の〈インド地方〉で,広義のヒンドゥスターン平原はインダス,ガンガー(ガンジス)両河流域平野を指すが,狭義には後者のみに限る。インド・パキスタン分離独立後,インドではブラフマプトラ川の平野を含めたインド国内の平原をインド大平原Great Indian Plainと呼んでいる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ヒンドゥスターン平原の関連キーワード温帯夏雨気候

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android