コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒートセットインキ heat-set ink

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ヒートセットインキ
heat-set ink

速乾型インキの一種。オフセット輪転印刷の主流として使われている。印刷速度の高速化をはかるため,合成樹脂を用いて版面から紙上にインキが転移した瞬間に,強制乾燥によってセットさせるもので,特殊な樹脂を溶かしたベヒクル (展色剤) に顔料を練合せて製造する。凸版の高速度印刷や平版オフセット多色刷りのような,多量生産に適する。この実用化は,今日の高速色刷り発達の礎石となった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android