コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオ=サバールの法則 ビオ=サバールのほうそくBiot-Savart's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオ=サバールの法則
ビオ=サバールのほうそく
Biot-Savart's law

定常電流がつくる磁場についての法則。 1820年フランスの J. B.ビオと F.サバールが定量的な実験をもとにして,見出した。導線を流れる電流 I が点Pにつくる磁場 H の大きさは,電流の微小部分 Ids からの寄与 dH の総和で与えられ,次のように表わされる。
r は回路の微小要素 ds からPまでの距離で,θ は dsr とのなす角。磁場の向きは電流の進む向きに右ねじを回すときのねじの回転方向になる。電流がつくる磁場については,ビオ=サバールの法則のほかにアンペールの法則もあるが,いずれか一方より他方が導かれる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ビオ=サバールの法則【ビオサバールのほうそく】

定常電流のまわりに生じる磁場の強さを与える法則。電流の強さをI(アンペア)とすると,その微小な長さds(メートル)が,距離r(メートル)離れた点につくる磁場の強さdH(アンペア/メーター)は,微小部分dsと距離rのなす角をθとし,(式1)方向は距離rと微小部分dsの両方に直角である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ビオサバールのほうそく【ビオ=サバールの法則 Biot‐Savart’s law】

導体を流れる電流の微小部分が周囲につくる磁場を与える法則。電流I(A)の流れている導線を長さの方向に細分し,その微小な長さds(m)の部分の電流素片Idsが,素片のある場所Oからr(m)の距離にあるP点につくる磁場の強さdH(A/m)は,dHIsinθds/4πr2で表されるというもの(図参照)。ここにθは,OPとO点における電流Iとのつくる角である。1820年にフランスのJ.B.ビオとF.サバールによって与えられた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のビオ=サバールの法則の言及

【渦】より

…この速度の大きさvと円周2πrとの積γ=2πrvは1本の渦糸に沿ってはどこでも一定であって,このγを渦糸の強さと呼ぶ。一般に渦糸から離れた任意の点での誘導速度は,γに等しい強さの電流が流れる同形の電線による磁場(ビオ=サバールの法則)と同一である。不生不滅の渦では渦がまわりの流れとともに流されていくとみなすことができる。…

※「ビオ=サバールの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビオ=サバールの法則の関連キーワード電磁気の単位系電流の磁気作用アンペール定常電流円電流導体

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android