コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビオコ島 ビオコとうBioko

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビオコ島
ビオコとう
Bioko

旧称フェルナンドポー Fernando Póo島。赤道ギニアの主島。大西洋ギニア湾湾奥,カメルーン沖合い約 40kmに位置。面積約 2017km2中心地は首都マラボ。行政的にはビオコノルテ州を形成。火山起源で,最高点はサンタイサベル山 (3008m) 。 1472年頃ポルトガル人のフェルナンド・ポーが到達。ブビ族が住んでいたが,18世紀末からスペインの植民地となった。 20世紀に入り,ナイジェリアのイボ族などの季節労働者が導入され,カカオをはじめ,コーヒー,バナナ,ヤシの栽培や牧畜が急速に発展。高温多湿で肥沃な土壌,良港などに恵まれ,特にカカオの生産により,リオムニ (大陸部分) をしのぐ経済発展をとげている。人口5万 7740 (1983) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ビオコ‐とう〔‐タウ〕【ビオコ島】

Isla de Bioko》アフリカ西岸、ギニア湾東部の島。旧称フェルナン‐ド‐ポー島。赤道ギニアに属し、北岸に首都マラボがある。最高峰マラボ火山(標高3007メートル)がある火山島として知られる。15世紀後半にポルトガル人フェルナン=ド=ポーにより発見。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビオコ島
びおことう
Bioko

西アフリカ、ギニア湾東部にある火山島。旧称フェルナンド・ポーFernando Po島、マシアス・ヌグエマMacas Nguema島。赤道ギニアに属し、北岸に首都マラボ(旧称サンタ・イサベル)がある。面積2017平方キロメートル、人口5万7190(1983センサス)、12万5000(2002推計)。北東約50キロメートルにあるアフリカ大陸のカメルーン山の延長部にある火山島で、北部に最高峰マラボ火山(3008メートル)がそびえる。1472年にポルトガル人フェルナンド・ポーによって発見され、1778年スペイン領となり、1968年大陸部のムビニ(旧称リオムニ)と合併、赤道ギニアとして独立した。住民はブビ人が中心だが、ポルトガル人やスペイン人との混血も多い。[端 信行]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビオコ島の関連キーワードフェルナンド・ポー島フェルナンドポー島カメルーン火山列ザフィーロ油田アンノボン島バジーレ山ボニー湾ムビニ信行ルバ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android