コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビガン Vigan

3件 の用語解説(ビガンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビガン【Vigan】

フィリピン,ルソン島北部西海岸にある古い町。人口3万3483(1981)。南イロコス州の州都。1575年にスペイン人により日本人海賊の襲撃を食い止めるための守備隊前哨基地として建設された。当時はフェルナンディナFernandinaと呼ばれ,ヌエバセゴビア(タルラク以北のルソン島北部一帯)の司教座が置かれた。中心街に残る古びた大きな教会やスペイン風の建物が,当時の面影をとどめている。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

ビガン(Vigan)

フィリピン、ルソン島北部西岸の都市。南イロコス州の州都。1575年、日本の海賊に対する防備のためにスペイン人が建設した要塞シウダーフェルナンディナを前身とし、交易の拠点として栄えた。第二次大戦の戦火を奇跡的に免れ、セントポール大聖堂やサルセード広場をはじめ、古い街並みが残っている。1999年、「ビガン歴史都市」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビガン

フィリピン北部の南シナ海に面した港町。1572年にスペイン領になった町で,16世紀のスペイン風の白壁の町並みが,石畳の道沿いに多く残されている。商業や貿易の拠点として繁栄した町で,太平洋戦争では奇跡的に戦渦を免れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

ビガンの関連キーワードタガログ族フィリピン海フィリピン海溝ルソン島比律賓フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲クリビッフィリピンの金

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビガンの関連情報