コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビガン Vigan

世界大百科事典 第2版の解説

ビガン【Vigan】

フィリピン,ルソン島北部西海岸にある古い町。人口3万3483(1981)。南イロコス州の州都。1575年にスペイン人により日本人海賊の襲撃を食い止めるための守備隊前哨基地として建設された。当時はフェルナンディナFernandinaと呼ばれ,ヌエバ・セゴビア(タルラク以北のルソン島北部一帯)の司教座が置かれた。中心街に残る古びた大きな教会やスペイン風の建物が,当時の面影をとどめている。【梅原 弘光】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ビガン(Vigan)

フィリピン、ルソン島北部西岸の都市。南イロコス州の州都。1575年、日本の海賊に対する防備のためにスペイン人が建設した要塞シウダーフェルナンディナを前身とし、交易の拠点として栄えた。第二次大戦の戦火を奇跡的に免れ、セントポール大聖堂やサルセード広場をはじめ、古い街並みが残っている。1999年、「ビガン歴史都市」の名称で世界遺産(文化遺産)に登録された。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

ビガン

フィリピン北部の南シナ海に面した港町。1572年にスペイン領になった町で,16世紀のスペイン風の白壁の町並みが,石畳道沿いに多く残されている。商業貿易の拠点として繁栄した町で,太平洋戦争では奇跡的に戦渦を免れた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

ビガンの関連キーワードエルピデオ キリーノイロコススル州古都ビガンザ・デプス金沢 種美アビガンキリーノガール県ブルゴスパリアンキリノ

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビガンの関連情報