コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビゴンジャーリ Bigongiari, Piero

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビゴンジャーリ
Bigongiari, Piero

[生]1914.10.15. ナバッキオ
[没]1997.10.7. フィレンツェ
イタリアの詩人,批評家。ウンガレッティ,モンターレ,クァジーモドの後を継ぐエルメティズモ後期の詩人。批評家としては詩語をめぐって,純粋詩の系譜を論じたものが多い。主著『バビロニアの娘』 La figlia di Babilonia (1942) ,『20世紀イタリア詩』 Poesia italiana del Novecento (1960) ,『イタリア詩史断章』 Capitoli di una storia della poesia italiana (1968) ,『20世紀の散文』 Prosa per il Novecento (1970) ,『言語の象徴機能としての詩』 La poesia come funzione simbolica del linguaggio (1972) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビゴンジャーリ
びごんじゃーり
Piero Bigongiari
(1914―1997)

イタリアの批評家、詩人。フィレンツェ大学で近現代イタリア文学を講じ、エルメティズモの優れた理論家として、『イタリア詩の意味』(1952)、『レオパルディ』(1962)、『言語の象徴機能としての詩』(1972)などの評論を発表。また、人間と自然の関係回復や、風景と精神の照応を主題とする詩集『バビロニアの娘』(1942)、『ピストイアの城壁』(1958)、晩年の詩集に『足跡の尽きるところ』(1997)などがある。[川名公平]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビゴンジャーリの関連キーワードクァジーモド

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android