コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビゴンジャーリ ビゴンジャーリ Bigongiari, Piero

2件 の用語解説(ビゴンジャーリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビゴンジャーリ
ビゴンジャーリ
Bigongiari, Piero

[生]1914.10.15. ナバッキオ
[没]1997.10.7. フィレンツェ
イタリアの詩人,批評家。ウンガレッティモンターレクァジーモドの後を継ぐエルメティズモ後期の詩人。批評家としては詩語をめぐって,純粋詩の系譜を論じたものが多い。主著『バビロニアの娘』 La figlia di Babilonia (1942) ,『20世紀イタリア詩』 Poesia italiana del Novecento (1960) ,『イタリア詩史断章』 Capitoli di una storia della poesia italiana (1968) ,『20世紀の散文』 Prosa per il Novecento (1970) ,『言語の象徴機能としての詩』 La poesia come funzione simbolica del linguaggio (1972) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビゴンジャーリ
びごんじゃーり
Piero Bigongiari
(1914―1997)

イタリアの批評家、詩人。フィレンツェ大学で近現代イタリア文学を講じ、エルメティズモの優れた理論家として、『イタリア詩の意味』(1952)、『レオパルディ』(1962)、『言語の象徴機能としての詩』(1972)などの評論を発表。また、人間と自然の関係回復や、風景と精神の照応を主題とする詩集『バビロニアの娘』(1942)、『ピストイアの城壁』(1958)、晩年の詩集に『足跡の尽きるところ』(1997)などがある。[川名公平]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビゴンジャーリの関連キーワード伐期抜去ピノッキオカステルベッキオバッグインバッグポンテベッキオコンテナバッグ刑事デルベッキオメロカンナ・バッキフェラバッキング (bucking)

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone