コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグホーン山脈 ビッグホーンさんみゃく Bighorn Mountains

2件 の用語解説(ビッグホーン山脈の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビッグホーン山脈
ビッグホーンさんみゃく
Bighorn Mountains

アメリカ合衆国,モンタナ州南部からワイオミング州北部に連なるロッキー山系の一支脈。最高峰クラウドピーク (4016m) 。山脈の西側はビッグホーン盆地で,山地から盆地にいたる丘陵地帯では,家畜の放牧や灌漑農業行われる

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビッグホーン山脈
びっぐほーんさんみゃく
Bighorn Mountains

アメリカ合衆国、モンタナ州とワイオミング州にまたがる山脈で、北半部は北西―南東方向、南半部は南北方向と湾曲し、長さは約250キロメートル。3000メートルを超え、ロッキー山脈の東方に孤立し、東側の大平原と西側のビッグホーン盆地とを分けている。最高峰はクラウド・ピーク(4013メートル)。花崗(かこう)岩体を核として、急傾斜した古生代と中生代の堆積(たいせき)岩が取り巻く。北部をビッグホーン川が先行谷となって横断し、山脈の東側にシェリダンの町がある。ビッグホーンとはロッキー山脈に生息する角(つの)の大きなヒツジのことである。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビッグホーン山脈の関連キーワードアングロアメリカ北アメリカモンタナアメリカン合衆国ネブラスカ亜米利加アメリカ連合国アメリカ合衆国最高裁判所アメリカ合衆国陸軍士官学校

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone