コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビッグホーン山脈 ビッグホーンさんみゃくBighorn Mountains

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビッグホーン山脈
ビッグホーンさんみゃく
Bighorn Mountains

アメリカ合衆国,モンタナ州南部からワイオミング州北部に連なるロッキー山系の一支脈。最高峰クラウドピーク (4016m) 。山脈の西側はビッグホーン盆地で,山地から盆地にいたる丘陵地帯では,家畜の放牧や灌漑農業が行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビッグホーン山脈
びっぐほーんさんみゃく
Bighorn Mountains

アメリカ合衆国、モンタナ州とワイオミング州にまたがる山脈で、北半部は北西―南東方向、南半部は南北方向と湾曲し、長さは約250キロメートル。3000メートルを超え、ロッキー山脈の東方に孤立し、東側の大平原と西側のビッグホーン盆地とを分けている。最高峰はクラウド・ピーク(4013メートル)。花崗(かこう)岩体を核として、急傾斜した古生代と中生代の堆積(たいせき)岩が取り巻く。北部をビッグホーン川が先行谷となって横断し、山脈の東側にシェリダンの町がある。ビッグホーンとはロッキー山脈に生息する角(つの)の大きなヒツジのことである。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ビッグホーン山脈の関連キーワードアメリカ合衆国パウダー川

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android