ビットコイン消失事件(読み)びっとこいんしょうしつじけん

知恵蔵の解説

ビットコイン消失事件

2014年2月に、東京を本拠地とする私設のビットコイン交換所であったマウントゴックス(MTGOX)が、顧客から預かったビットコインなど数百億円が消失したとして、民事再生法の適用を申請、破綻(はたん)に至った事件。同社のマルク・カルプレス社長は「ハッキングされ何者かに盗まれた」と主張していたが、自身が口座を不正操作し米ドルに換えたり、不正流用や着服したりしていたことが発覚、15年8月に私電磁的記録不正作出・同供用容疑や業務上横領容疑で逮捕された。
マウントゴックスは、かつてはカードゲームのオンラインでのカードを売買する交換所であったが、ビットコインが注目され始めたことに着目し、10年よりビットコイン交換所を営み始めた。アニメファンとして来日していたマルク・カルプレスが、これを11年に買収し、ブームに乗じて急成長。13年には世界のビットコイン取引の7割を占めるようになったという。同社の払い戻しは、不可解な理由でしばしば遅滞するなどしていたが、ビットコイン人気を背景に、全般的にはドルなどの通貨から購入する流れが大きく、ほころびは目立たなかった。しかし、13年末から14年にかけて、同社の払い戻しが正常に行われなくなり、取引が停止し破綻に至った。
この事件により、ビットコインに対する信頼は大きく揺らいだが、マウントゴックスがオンライン上で管理していたことに問題があり、別の方法で保管すれば安心だとして取り扱いを継続する交換所がある。また、実体的な価値を有しない仮想通貨であることなどから、いくつかの国では利用が禁止されているが、決済手段として認める企業も限定的ながら存在するという。日本の法制度上は通貨でもなければ有価証券でもなく、有体物ではないため、マルク・カルプレスをどのように裁くのか、被害者が救済を受ける手段はあるのかなど、様々な課題が残されている。

(金谷俊秀 ライター/2015年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

エミュー

ヒクイドリ目エミュー科。ダチョウに似た大型の飛べない鳥。オーストラリア固有種で,国鳥。全長 140~164cm,背丈 150~190cmで,雌のほうがやや大きい。翼は羽毛に覆われて見えないが,約 20...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android