ビディアダール・スーラジプラサド ナイポール(読み)ビディアダールスーラジプラサド ナイポール(英語表記)Vidiadhar Surajprasad Naipaul

現代外国人名録2012の解説

ビディアダール・スーラジプラサド ナイポール
ビディアダールスーラジプラサド ナイポール
Vidiadhar Surajprasad Naipaul


国籍
英国

専門
作家

生年月日
1932/8/17

出生地
トリニダード島チャグナス

学歴
オックスフォード大学(英文学)卒

経歴
旧英国領トリニダードトバゴのインド系3世。故郷のカレッジを出て1950年英国へ移住し、オックスフォード大学を卒業。雑誌編集、BBC勤務、書評などに携わり、ジャーナリスト、評論家として活躍する。一方、’57年小説「神秘的なマッサージ師」で注目され、以後「エルビナの選挙権」(’58年)「中間航路」(’62年)などトリニダード島のインド人社会を舞台にした作品を数多く執筆。コミカルな作風で高く評価され、’79年「暗い河」は英米でベストセラーを記録した。他の作品に「ミゲル街」(’59年)「ビスワース氏の家」(’61年)「ストーン氏とナイト爵仲間」(’63年)「自由国家で」(’71年)「ゲリラ」(’75年)などがある。また紀行文学「インド・闇の領域」(’64年)「インド・傷ついた文明」(’77年)「インド・新しい顔」(’97年)、「イスラム紀行」(’81年)「イスラム再訪」(’98年)、評論「超満員の奴隷収容所」(’72年)「エバ・ペロンの帰還」(’80年)などでも高い評価を得る。2001年抑圧された歴史の存在を読者に示したとして、ノーベル文学賞を受賞。英語圏の西インド諸島の文学の代表的作家に位置づけられている。1990年ナイト爵に叙せられる。

受賞
ノーベル文学賞〔2001年〕 ジョン・ルウェリン・リース賞〔1958年〕;サマセット・モーム賞〔1961年〕「ミゲル街」;ホーソーンデン賞〔1964年〕「ストーン氏とナイト爵仲間」;W.H.スミス賞〔1968年〕;ブッカー賞〔1971年〕「自由国家で」;デービッド・コーエン英文学賞〔1993年〕

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2012」(2012年刊)現代外国人名録2012について 情報

367日誕生日大事典の解説

ビディアダール・スーラジプラサド ナイポール

生年月日:1932年8月17日
イギリスの作家

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

荒唐無稽

[名・形動]言動に根拠がなく、現実味のないこと。また、そのさま。「荒唐無稽な小説」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android