コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビデオ・オン・デマンド ビデオ・オン・デマンドvideo-on-demand; VOD

3件 の用語解説(ビデオ・オン・デマンドの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビデオ・オン・デマンド
ビデオ・オン・デマンド
video-on-demand; VOD

映画やテレビ番組などの特定のビデオ映像を,視聴者が注文してすぐにその場のテレビ端末やパソコン端末で見ることのできる映像配信システムテレビ放送デジタル化,光ファイバなどを利用したインターネット回線あるいはケーブルテレビ回線という高速・大容量の通信網の整備により実現が可能となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

DBM用語辞典の解説

ビデオ・オン・デマンド【Video-On-Demand】

テレビ視聴者が、セットしたコントロールボックスを通して映画や他の番組を選ぶことができ、すぐにそれがスクリーンに配信されるサービスのこと。インタラクティブ・テレビの先駆け的存在の1つである。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
DBM用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビデオ・オン・デマンド
びでおおんでまんど
video on demand

インターネットやケーブルテレビなどの接続網を通じ、利用者がいつでも好きな時間に希望する映像コンテンツの配信を受けて視聴できるサービス。オン・デマンドとは「要求に応じて」を意味する英語である。略称VOD。映像配信を実現するメディアサーバーネットワークをVODシステムと総称する。このシステムは映画や放送番組のコンテンツ配信だけでなく、テレビ電話テレビ会議リアルタイムも含めたインターネット放送などの視聴にも利用されている。ビデオ・オン・デマンドを視聴する方法は、映像配信サービス会社から提供される受像装置STB(セットトップボックス)をテレビに接続して出力する方法が一般的で、スマートテレビなどにはこの機能を内蔵した機種がある。映像データの配信方法は2種類で、STBにコンテンツ全体をダウンロードしてから見るダウンロード視聴と、ダウンロードしながら同時に見られるストリーミング視聴があり、事業者によって仕様が異なる。また、課金方法は一定の料金で視聴制限を受けずに見られる月額料金制と、一つのコンテンツ視聴ごとに課金されるペイ・パー・ビューpay per viewがある。
 ビデオ・オン・デマンドは、映像をデジタル化するためのMPEG(エムペグ)規格が実用化されたことにより、1990年代初頭から世界各地で研究が始まった。1994年に国際的な標準化業界団体としてDAVIC(Digital Audio-Visual Council)がスイスで発足し、ISO規格が策定されたものの、ネットワークやサーバー、コンテンツ供給などのコスト面の問題が打開できずに、いったんVODへの熱気は衰えた。しかし、2000年以降にADSLを中心としたブロードバンド回線(広帯域通信網)が一般家庭にまで普及すると、放送局やIT系企業、コンピュータや家電メーカーによる新たなサービスや対応製品の開発が進みはじめ、事業として成立するケースが出始めた。その後、急速に普及したスマートフォンやタブレット型端末、パソコンなどの情報端末で視聴したり、端末をテレビと無線LAN(ラン)などで接続し、受信した映像コンテンツをテレビに映し出して見たりすることも簡単にできるようになった。このような情報端末を介するビデオ・オン・デマンドサービスは国内外で急速に広がっており、事業者間の競争も激しくなっている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ビデオ・オン・デマンドの関連情報