ビホル(英語表記)Bihor

世界大百科事典 第2版の解説

ビホル【Bihor】

ルーマニア北西部の県名。ハンガリー語ではビハルBihar。歴史的にはこのビホル県と現ハンガリー領のハイドゥー・ビハルHajdú‐Bihar県にまたがる地方をいう。古代にトランシルバニアダキア王国が成立した時代,ここにもダキア人が居住し,ローマのダキア征服後もこの地方はローマの属州とはならず,自由ダキア人が住んでいた。4~9世紀の民族移動期ののち,10世紀にはビホル城を根拠として原住民(ブラフ人とスラブ人)の同盟の長であるメヌモルトMenumorutがこの一帯を支配していたことが年代記に記されている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる