コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクブ(百部) ビャクブStemona japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビャクブ(百部)
ビャクブ
Stemona japonica

ビャクブ科の多年草。熱帯アジア原産といわれ,江戸時代に中国から渡来した薬用植物。根は紡錘状に肥厚して小さい芋の集合のようである。茎は根もとでは直立するが,上部はつる状となって他物に巻きつく。葉はヤマノイモに似て,夏に緑色の花をつけるがおしべが紫色で目立つ。根を乾燥して駆虫剤鎮咳剤として用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ビャクブ(百部)の関連キーワードビャクブ科

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android