コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクブ Stemona japonica Miq.

2件 の用語解説(ビャクブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビャクブ【Stemona japonica Miq.】

薬用に栽培されるビャクブ科のつる性の多年草イラスト)。種小名はjaponica(日本の)と名付けられているが,中国(浙江省,江蘇省,安徽省)の原産で,日本に野生はない。中国名は百部。茎は上部がつる性となり,他のものに巻きついて高さ約2mに及ぶ。葉は3~4枚ずつ輪生し,卵状楕円形,先端はやや尾状にとがり,基部は円い。質厚く5平行脈が目だつ。葉身は4.5~6cmで,3~4cmの細長い葉柄がある。花は7月ごろ,葉腋(ようえき)に1~2個ずつつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビャクブ
びゃくぶ / 百部
[学]Stemona japonica Miq.

ビャクブ科の多年生つる植物。中国の浙江(せっこう)省、江蘇(こうそ)省、安徽(あんき)省に分布し、日本への渡来は江戸時代である。茎がつる状で他物に巻き付くのでツルビャクブともいう。葉は3~4個が輪生し、葉柄は長さ1.5~3センチメートル。葉身は卵形ないし卵状披針(ひしん)形で、長さ3.5~5センチメートル、幅1.8~2.4センチメートル、先は長くとがる。葉脈は5~7本が平行に走る。5月から7月にかけて葉腋(ようえき)に1個ずつ花をつけるが、花柄の下部は葉と合生するので、あたかも葉身の中央から花柄が出ているようにみえる。花被(かひ)は4個で長さ12ミリメートルの披針形、淡緑色で、花は半開し、やがて反曲する。雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)は4個で紫色を帯びる。子房は甚だ小さい。地下に長さ3~8センチメートルの紡錘形の根を多数つける。
 漢方では根を百部といい、鎮咳(ちんがい)、駆虫、殺虫剤として肺結核、気管支炎、百日咳(ぜき)の治療のほか、蟯虫(ぎょうちゅう)、シラミの駆除に用いる。また皮膚病やかゆみの治療にも使用する。なお、中国の浙江、江蘇、安徽、山東、河南の諸省に分布し、茎が直立してつる状にならないタチビャクブS. sessilifolia Miq.も江戸時代に渡来した植物で、根を同様に薬用とする。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone