コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビャクブ Stemona japonica Miq.

2件 の用語解説(ビャクブの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ビャクブ【Stemona japonica Miq.】

薬用に栽培されるビャクブ科のつる性の多年草イラスト)。種小名はjaponica(日本の)と名付けられているが,中国(浙江省,江蘇省,安徽省)の原産で,日本に野生はない。中国名は百部。茎は上部がつる性となり,他のものに巻きついて高さ約2mに及ぶ。葉は3~4枚ずつ輪生し,卵状楕円形,先端はやや尾状にとがり,基部は円い。質厚く5平行脈が目だつ。葉身は4.5~6cmで,3~4cmの細長い葉柄がある。花は7月ごろ,葉腋(ようえき)に1~2個ずつつく。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビャクブ
びゃくぶ / 百部
[学]Stemona japonica Miq.

ビャクブ科の多年生つる植物。中国の浙江(せっこう)省、江蘇(こうそ)省、安徽(あんき)省に分布し、日本への渡来は江戸時代である。茎がつる状で他物に巻き付くのでツルビャクブともいう。葉は3~4個が輪生し、葉柄は長さ1.5~3センチメートル。葉身は卵形ないし卵状披針(ひしん)形で、長さ3.5~5センチメートル、幅1.8~2.4センチメートル、先は長くとがる。葉脈は5~7本が平行に走る。5月から7月にかけて葉腋(ようえき)に1個ずつ花をつけるが、花柄の下部は葉と合生するので、あたかも葉身の中央から花柄が出ているようにみえる。花被(かひ)は4個で長さ12ミリメートルの披針形、淡緑色で、花は半開し、やがて反曲する。雄蕊(ゆうずい)(雄しべ)は4個で紫色を帯びる。子房は甚だ小さい。地下に長さ3~8センチメートルの紡錘形の根を多数つける。
 漢方では根を百部といい、鎮咳(ちんがい)、駆虫、殺虫剤として肺結核、気管支炎、百日咳(ぜき)の治療のほか、蟯虫(ぎょうちゅう)、シラミの駆除に用いる。また皮膚病やかゆみの治療にも使用する。なお、中国の浙江、江蘇、安徽、山東、河南の諸省に分布し、茎が直立してつる状にならないタチビャクブS. sessilifolia Miq.も江戸時代に渡来した植物で、根を同様に薬用とする。[長沢元夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビャクブの関連キーワードサルビア月下香サンダルウッド仙翁タロ芋鍋破百部スタキストリカブト

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone