コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワガニ ビワガニ Lyreidus tridentatus; harp crab; smooth frog crab

3件 の用語解説(ビワガニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビワガニ
ビワガニ
Lyreidus tridentatus; harp crab; smooth frog crab

軟甲綱十脚目アサヒガニ科。甲長 5cm,甲幅 2.5cmほどの縦長のカニで,楽器の琵琶を思い起こさせる形をしているのでその名がある。甲は美しい淡紅色で,光沢があり,左右に強く湾曲している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ビワガニ

甲殻類アサヒガニ科のカニ。甲は縦に長い楕円形で甲長5cmくらい。甲面は平滑で美しい淡紅色。中央部に少し濃い赤紫色の斑紋がある。房総半島以南〜西太平洋に分布し,水深30〜100mの砂泥底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワガニ
びわがに / 琵琶蟹
[学]Lyreidus tridentatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アサヒガニ科に属するカニ。大きさは甲長5センチメートル、甲幅2.5センチメートルほど。房総半島からオーストラリア、ニュージーランドまで分布し、水深30~100メートルの砂底に潜って生活する。著しく縦長の甲が日本古来の弦楽器である琵琶(びわ)を思わせるのが和名の由来である。甲面は光沢があり、側縁中央に小さな棘(とげ)がある。前2対の歩脚では指節が細いが、第3対目では幅広い。最後の脚(あし)は異常に細くて短く、背中側に位置しているため、歩くのにも砂に潜るのにも役だたない。近縁のフトクビビワガニL. brevifronsは、甲の前方が比較的幅広く、トゲナシビワガニL. stenopusでは甲の側縁に棘がない。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ビワガニの関連キーワードケガニ旭蟹毛蟹蝲蛄菱蟹琵琶蟹珊瑚蟹鬚蟹柔蟹アサヒガニ(旭蟹)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone