コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビワガニ ビワガニLyreidus tridentatus; harp crab; smooth frog crab

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビワガニ
Lyreidus tridentatus; harp crab; smooth frog crab

軟甲綱十脚目アサヒガニ科。甲長 5cm,甲幅 2.5cmほどの縦長のカニで,楽器の琵琶を思い起こさせる形をしているのでその名がある。甲は美しい淡紅色で,光沢があり,左右に強く湾曲している。額は小三角形状。甲の側縁中央部に 1小棘がある。前 2対の歩脚は力強くて先がとがり,第3対目は幅広い板状となっていて,これらを巧みに使って後方から砂にもぐる。第4対目は小さく,背中側に位置する。房総半島以南のインド西太平洋海域の水深 30~100mの砂底にすむ。近縁種で甲の側縁にとげのないトゲナシビワガニ L. stenops,甲の前方がやや幅広いフトクビビワガニ L. brevifrons も美しい。(→甲殻類十脚類節足動物軟甲類

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ビワガニ

甲殻類アサヒガニ科のカニ。甲は縦に長い楕円形で甲長5cmくらい。甲面は平滑で美しい淡紅色。中央部に少し濃い赤紫色の斑紋がある。房総半島以南〜西太平洋に分布し,水深30〜100mの砂泥底にすむ。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ビワガニ
びわがに / 琵琶蟹
[学]Lyreidus tridentatus

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目アサヒガニ科に属するカニ。大きさは甲長5センチメートル、甲幅2.5センチメートルほど。房総半島からオーストラリア、ニュージーランドまで分布し、水深30~100メートルの砂底に潜って生活する。著しく縦長の甲が日本古来の弦楽器である琵琶(びわ)を思わせるのが和名の由来である。甲面は光沢があり、側縁中央に小さな棘(とげ)がある。前2対の歩脚では指節が細いが、第3対目では幅広い。最後の脚(あし)は異常に細くて短く、背中側に位置しているため、歩くのにも砂に潜るのにも役だたない。近縁のフトクビビワガニL. brevifronsは、甲の前方が比較的幅広く、トゲナシビワガニL. stenopusでは甲の側縁に棘がない。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ビワガニの関連キーワードフトクビビワガニ甲類

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android