コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビーグル号 ビーグルごうBeagle

翻訳|Beagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ビーグル号
ビーグルごう
Beagle

イギリス海軍の測量船。 1831~36年,青年時代の C.ダーウィンケンブリッジ大学の植物学者 J.S.ヘンズローの推薦を得て乗船し,世界を一周した。このとき観察した資料が「進化論」を生むもとになったことで後世までこの船の名が記憶されることとなった。このほか彼は地理学地質学の多数の観察記録を残し,39年には『ビーグル号航海記』を出版した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のビーグル号の言及

【トゥアモトゥ[諸島]】より

…1826年にはイギリス船が調査し,さらに三つの環礁をトゥアモトゥ諸島に加えた。残された島の最後としてタイアロ島とカウエヒ島が〈発見〉されたのは,35年ダーウィンも乗船していたビーグル号によってであった。 44年フランスの保護下に置かれたが,これより先の1802年マーガレット号のキャプテン・バイヤーズは,マケモ島民がシンジュガイをつけているのをみた。…

※「ビーグル号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ビーグル号の関連キーワードフィッツロイ川(オーストラリア北西部、ウェスタン・オーストラリア州)ダーウィン(Charles Robert Darwin)ダーウィン(オーストラリア)ロイヤル・ソサイエティーC・ダーウィン(年譜)宇宙船ビーグル号の冒険A.E.バン ボクトダーウィンハナガエルサンクリストバル島ダーウィンフィンチ宇宙船ビーグル号ガラパゴス諸島フリンダーズ川バン・ボークトフィッツロイビーグル水道島地 威雄地質学原理内山 賢次スカレシア

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android