ビーグル号(読み)ビーグルごう(英語表記)Beagle

翻訳|beagle

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ビーグル号」の解説

ビーグル号
ビーグルごう
Beagle

イギリス海軍の測量船。 1831~36年,青年時代の C.ダーウィンケンブリッジ大学の植物学者 J.S.ヘンズロー推薦を得て乗し,世界を一周した。このとき観察した資料が「進化論」を生むもとになったことで後世までこの船の名が記憶されることとなった。このほか彼は地理学地質学の多数の観察記録を残し,39年には『ビーグル号航海記』を出版した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のビーグル号の言及

【トゥアモトゥ[諸島]】より

…1826年にはイギリス船が調査し,さらに三つの環礁をトゥアモトゥ諸島に加えた。残された島の最後としてタイアロ島とカウエヒ島が〈発見〉されたのは,35年ダーウィンも乗船していたビーグル号によってであった。 44年フランスの保護下に置かれたが,これより先の1802年マーガレット号のキャプテン・バイヤーズは,マケモ島民がシンジュガイをつけているのをみた。…

※「ビーグル号」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

個人メドレー

競泳種目の一つ。同一個人が定められた距離をバタフライ,背泳ぎ,平泳ぎ,自由形の順に続けて泳ぐ。個人メドレーの際の自由形は,他の3種以外でなければならないため,クロールで泳ぐのが一般的。次の泳法への移行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android