コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピエロ・ディ・コジモ Piero di Cosimo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピエロ・ディ・コジモ
Piero di Cosimo

[生]1462. フィレンツェ
[没]1521. フィレンツェ
イタリアの画家。本名 Piero di Lorenzo。 C.ロッセリの弟子で,終生フィレンツェで活動した。 F.リッピ,レオナルド・ダ・ビンチ,L.シニョレリおよびフランドル絵画から影響を受け,華麗な色彩と幻想味豊かな特異な神話画で知られた。作品は『プロクリスの死』 (1500,ロンドン,ナショナル・ギャラリー) ,『G.サンガロの肖像』 (アムステルダム国立美術館) など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ピエロ・ディ・コジモ

イタリアの画家。本名ピエロ・ディ・ロレンツォPiero di Lorenzo。フィレンツェの生れ。レオナルド・ダ・ビンチベロッキオなどから影響を受けるが,曲線や強い色彩を好む傾向があり,独特の幻想性をもった画風を展開した。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

ピエロ・ディ・コジモの関連キーワードサルト(イタリアルネサンス期の画家)アンドレア・デル・サルトフランチアビジオポントルモ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android