コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピグマリオン Pygmalion

翻訳|Pygmalion

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピグマリオン
Pygmalion

イギリスの戯曲喜劇。5幕。 G.B.ショー作。 1912~13年執筆。 13年 10月ウィーンで初演。音声学者のヒギンズ教授が花売娘イライザを教育して貴婦人に仕立てる話で,上流社会に対する風刺がみられる。 14年4月のロンドン初演では,P.キャンベル夫人と H.トリーがイライザとヒギンズを演じた。 38年に映画化され,また 56年 A.J.ラーナーの作詞,台本,F.ローの作曲で『マイ・フェア・レディ』の題でミュージカル化された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ピグマリオン(Pygmaliōn)

ギリシャ神話で、キプロスの王。象牙(ぞうげ)で作った女の像に恋し、アフロディテが像に生命を与え、結婚させた。
Pygmalionショーの戯曲。5幕の喜劇。1912年の作品で、1913年、ウィーンのホフブルグ劇場で初演。花売り娘が音声学者により淑女に育て上げられていくという筋書きで、ミュージカル「マイフェアレディー」の原作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

デジタル大辞泉プラスの解説

ピグマリオン

1938年製作のイギリス映画。原題《Pygmalion》。ジョージ・バーナード・ショウの同名戯曲の映画化。ミュージカル『マイ・フェア・レディ』の原形。劇場未公開。監督:アンソニー・アスキス、レスリー・ハワード、出演:レスリー・ハワード、ウェンディ・ヒラーほか。第11回米国アカデミー賞作品賞ノミネート。同脚色賞受賞。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

大辞林 第三版の解説

ピグマリオン【Pygmaliōn】

ギリシャ伝説で、彫刻が巧みなキプロス島の王。自作の象牙の乙女像に恋したので、アフロディテがこれに生命を与えて妻にさせたという。

ピグマリオン【Pygmalion】

バーナード=ショーの戯曲。五幕。ギリシャ神話のピグマリオンに題材をとる。1913年初演。ロンドンの貧しい花売り娘が音声学者により言葉を矯正されて貴婦人に成長する喜劇。56年にはアメリカで「マイフェアレディー」の題でミュージカル化。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ピグマリオンの関連キーワードピグマリオン(バーナード・ショーの喜劇)ウイリアム・ギルバート シュウエンクグラウ(Jacinto Grau)アルフレッド・デイヴィス ラントジョージ・バーナード ショーピグマリオン(ギリシア神話)ロバート ローゼンソールステファニー ピントフロイヤル演劇アカデミージョージナ ヘイルピグマリオン効果ジングシュピールL. フォンタンピュグマリオンゴーレム効果未来のイブ増子倭文江キャンベルマーストン末延麻裕子

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android