コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピツェッティ ピツェッティ Pizzetti, Ildebrando

3件 の用語解説(ピツェッティの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピツェッティ
ピツェッティ
Pizzetti, Ildebrando

[生]1880.9.20. パルマ
[没]1968.2.13. ローマ
イタリアの作曲家。パルマ音楽院でグレゴリオ聖歌ギリシア音楽を研究。 1907年母校の作曲教授,08年フィレンツェ音楽院教授を経て,17年同院院長,24年ミラノ音楽院院長,のちローマのサンタ・チェチリア音楽院院長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ピツェッティ

イタリアの作曲家。ピッツェッティともいう。生地のパルマ音楽院で作曲を修め,卒業後の1902年−1904年同地の劇場の副指揮として活動。1908年フィレンツェのケルビーニ音楽院教授に就任し,1917年院長。
→関連項目カステルヌオーボ・テデスコ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピツェッティ
ぴつぇってぃ
Ildebrando Pizzeti
(1880―1968)

イタリアの作曲家。生地パルマの音楽院で学んだ(1895~1901)のち、パルマのレージオ劇場の副指揮者(1902~04)を経て、母校(1907)、フィレンツェ音楽院(1908~24、17~24院長)、ミラノ音楽院(1924~36院長)、ローマのサンタ・チェチーリア音楽院(1936~58、48~51院長)で後進の指導にあたった。基本的にメロディに重点を置く彼の音楽は、ギリシア芸術への関心と相まって、『フェドラ』(1915初演。ダンヌンツィオ台本)、『デボラとヤエーレ』(1922初演)などのオペラや、合唱曲、歌曲で本領を発揮した。[寺田由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピツェッティの関連キーワードパルルマンNノルマルパルマ島パルマリア島パルマハムパルマローザ油N パルプパルマ[島]ボナパルト,N.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピツェッティの関連情報