コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピトエフ Pitoëff, Georges

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピトエフ
Pitoëff, Georges

[生]1884.9.4. チフリス(現トビリシ)
[没]1939.9.17. ジュネーブ
ロシア生れのフランスの演出家,俳優。ロシア名 Zhorzh Pitoevy。チフリスの劇場支配人の息子として生れ,モスクワでスタニスラフスキーに学ぶ。ペテルブルグで劇団を組織,第1次世界大戦中ジュネーブに移り,戦後パリへ進出,ピランデッロチェーホフ,G.B.ショー,A.シュニッツラー,E.G.オニールらの作品を,極度に簡素な舞台で,内面的詩情豊かに演出した。

ピトエフ
Pitoëff, Ludmila

[生]1895.12.25. チフリス(現トビリシ)
[没]1951.9.15. リュエイユマルメゾン
ロシア生れの,フランスの女優。夫ジョルジュとともに劇団をつくり,その演出で,チェーホフ,イプセン,G. B.ショーらの作品に天性の夢幻的詩情を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ピトエフ

ロシア出身のフランスの演出家,俳優。劇場支配人を父として生まれ,革命のため亡命,1914年以後パリで演劇活動。妻で女優のリュドミラ〔1895-1951〕とともに,ピランデロチェーホフシェークスピアなどを上演。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピトエフ
ぴとえふ
Georges Pitoff
(1884―1939)

フランスの俳優、演出家。ジョージア(グルジア)のチフリス(現、トビリシ)に生まれる。学生時代にモスクワ芸術座に通い、24歳で俳優活動に入る。のち主演女優となる同郷のリュドミラLudmilla(1896―1951)と結婚した1915年、亡命中のジュネーブで劇団を組織した。1922年パリのシャンゼリゼ劇場に進出し、第二次世界大戦前のフランス新演劇活動の一翼を担う。とりわけ、チェーホフ劇や『どん底』などロシア近代劇のフランス移植に功績があり、簡潔な象徴的装置と詩的想像力に富んだ演出法に定評があった。また、無名のジャン・アヌイを劇作家として送り出したのも彼である。[石澤秀二]
『本庄桂輔著『演劇の鬼――ピトエフ夫妻の一生』(1958・白水社)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

367日誕生日大事典の解説

ピトエフ

生年月日:1884年9月4日
フランスの俳優,演出家
1939年没

出典|日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について | 情報

ピトエフの関連キーワード作者を探す六人の登場人物リュドミラ ピトエフS. ピトエフフランス演劇ピトエフ夫妻M. エランルノルマンオルフェ生年月日アルトージューベデュランコポー

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android