コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピペット pipette

翻訳|pipette

デジタル大辞泉の解説

ピペット(pipette)

一定体積の液体気体を、取り出したり加えたりするためのガラス製の化学実験器具。ふつう棒状先端が細く、中央部がふくらんでおり、試料を吸い上げる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ピペット

一定容積の液体をとるのに用いる化学実験用ガラス器具。一定容積の目盛しかないもの(最も普通のもので,ホールピペット全容ピペットという),細かく目盛ったもの(メスピペット)などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピペット【pipette】

一定容積の液体を取り出すために用いられるガラス製測定器。きわめて多くの種類のものがあるが,そのおもなものはホールピペットwhole pipetteとメスピペットmeasuring pipetteである。ホールピペットは全容ピペットともいう(図‐a,b)。容量を示す刻線が一つだけあり,液を吸い上げ,上端を指で押さえて加減しながら中の液を捨てて,液面がちょうどその刻線に合うようにしてから,容器内に液を自然流下させると所定の容積の液を正確に取り出すことができる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピペット【pipette】

分析用化学実験器具の一。一定体積の液体を正確に採取するために用いる。先端が細く中央部がやや太い目盛り付きのガラス管製で、上端に口またはゴムキャップをつけて試薬を吸い上げる。ホールピペット・メスピペット・駒込ピペットなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピペット

化学分析器具」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピペット
ぴぺっと
pipetpipette

液体あるいは気体の体積を精密に測定するための測容器。気体用のものはガスピペットとよばれ、容器内部の体積が測定値となるが、液体では標線または目盛りで読み取った液体の排出量が測定値となる。液体用のピペットには、標線まで満たした液体の全排出量を測定する全容ピペットと、目盛りによって排出量を制御しながら測定するメスピペットがある。一般に先端を絞ったガラス管を用いるが、ポリエチレン、フッ素樹脂製なども用いられる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ピペットの関連キーワードクヌーセン(Martin Hans Christian Knudsen)パスツールピペット自動化学分析装置マイクロピペット安全ピペッターピペットチップマクロピペットクロム酸混液電動ピペット駒込ピペット全量ピペット化学用体積計微小電極法電気生理学化学分析容量分析腹水腫瘍体積計ピペ奴チップ

ピペットの関連情報