ピペット

世界大百科事典 第2版の解説

ピペット【pipette】

一定容積の液体を取り出すために用いられるガラス製測定器。きわめて多くの種類のものがあるが,そのおもなものはホールピペットwhole pipetteとメスピペットmeasuring pipetteである。ホールピペットは全容ピペットともいう(図‐a,b)。容量を示す刻線が一つだけあり,液を吸い上げ,上端を指で押さえて加減しながら中の液を捨てて,液面がちょうどその刻線に合うようにしてから,容器内に液を自然流下させると所定の容積の液を正確に取り出すことができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ピペット【pipette】

分析用化学実験器具の一。一定体積の液体を正確に採取するために用いる。先端が細く中央部がやや太い目盛り付きのガラス管製で、上端に口またはゴムキャップをつけて試薬を吸い上げる。ホールピペット・メスピペット・駒込ピペットなど。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピペット
ぴぺっと
pipetpipette

液体あるいは気体の体積を精密に測定するための測容器。気体用のものはガスピペットとよばれ、容器内部の体積が測定値となるが、液体では標線または目盛りで読み取った液体の排出量が測定値となる。液体用のピペットには、標線まで満たした液体の全排出量を測定する全容ピペットと、目盛りによって排出量を制御しながら測定するメスピペットがある。一般に先端を絞ったガラス管を用いるが、ポリエチレン、フッ素樹脂製なども用いられる。[岩本振武]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ピペット

〘名〙 (pipette) 〇・一~一〇〇ミリリットル程度の液体や気体の体積を正確に採取するのに用いられる管状のガラス器具。中央部にふくらみのあるホールピペットが代表的。特に小容量のマイクロピペット、気体用のガスピペットなどもある。〔物理学術語和英仏独対訳字書(1888)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ピペットの関連情報