コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュアカンパニー化 ぴゅあかんぱにーか Pure Company

1件 の用語解説(ピュアカンパニー化の意味・用語解説を検索)

知恵蔵の解説

ピュアカンパニー化

もともと企業は、規模の拡大に伴い調達、生産、販売といった機能活動を企業の境界内に分化・統合し、1つの事業に限定された専業企業の形態をとっていた。ピュアカンパニー化とは、膨張し、複雑化した多角化企業で生じていたアナジー(相互マイナス効果)を解消するため、もとの姿である専業企業に戻そうとする動きである。多角化企業への道は、内部成長方式(内部経営資源の再配分)や外部成長方式(M&A)などによる規模の拡大、事業の多様化などの進展によって実現される。ところが、多角化が意図したシナジー効果の確保はおろか、アナジーが発生するという状況が目立つようになってきている。行き過ぎた多角化によって、状況は一変した。まず規模拡大による「規模の経済」、次いで事業多様化を通じた相互補完効果による「範囲の経済」が、こうした企業でのシナジー効果をもたらすと考えられた。川上、川下といった垂直統合取引コストとの関連で進められたはずなのに、結果として長く垂直的に延長されたバリュー・チェーン(価値連鎖)を企業の境界内に持ち込むこととなった。また、多角化の拡大が利益を生み出せない事業も抱え込むことで、総合力に勝るはずの多角化企業の業績は次第に低落の一途をたどることとなり、近年多角化経営のほころびが隠し切れなくなった。 こうした事態に直面し、総合化によるシナジーの追求ではなく、総合化とは逆の方向に経営のかじを転換させることでアナジーの解消を狙った動きが注目されている。すなわち、これまで多様化と規模拡大で膨張し続けてきた総合企業である大規模多角化企業を競争力のある事業、コア事業に絞り込んでメリハリのある事業構造に組み替えると同時にバリュー・チェーンの短縮化、単純化を図るべく、不振事業からの撤退やピュアカンパニー化が一挙に進んだ。

(高橋宏幸 中央大学教授 / 2008年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピュアカンパニー化の関連キーワード企画院小企業小規模企業零細企業イ調サテライト企業求子舞CP(Commercial paper)ジョブレス・リカバリー水平型M&A

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone