コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピュー

2件 の用語解説(ピューの意味・用語解説を検索)

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

ピュー

古代ビルマイラワジ川流域に栄えた民族・国家。チベット・ビルマ系とされる。中国の歴史書には「驃」などの表記で登場。1~9世紀ごろに三つの都市(ベイタノウ、ハリンヂー、シュリクセトラ)を造り、中国とインドの影響を受けた。東西交易の拠点としても栄えた。9世紀に現在の中国雲南省を拠点にした南詔国の攻撃で衰退し、滅んだとされる。

(2014-04-06 朝日新聞 朝刊 奈良1 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ピュー
ぴゅー
Pyu

ビルマ(現ミャンマー)のイラワディ川流域に小国家群を築いていたチベット・ビルマ語系の民族。自称は突羅朱T'ulcul。漢籍史料には(ひょう)(ひょう)、剽(ひょう)、驃(ひょう)などの名称で現れる。現存するピューの遺跡は、プローム、タウンドゥインジー、ハリンジーの3か所で、いずれも周囲を長大なれんが製城壁で囲み、その外側を堀で囲繞(いじょう)した防衛的性格の強い構造をもっていた。出土した木炭のC-14による測定数値から、これらの遺跡は2世紀から9世紀にかけて繁栄していたとみられる。彼らは仏教やヒンドゥー教を信仰し、日月印の大型(2~3センチメートル)円形銀貨や、古代インドのカダンバ文字に似たピュー文字を使用、骨壺(こつつぼ)埋葬を行っていた。792年、806年には唐に入貢したが、832年南詔(なんしょう)の攻撃を被り滅亡したとされる。[大野 徹]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ピューの関連キーワードイラワジ川バセインマンダレーメソポタミア美術モン族パガン朝イラワジ[川]ピュー族ビルマ族イラワジ・デルタ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ピューの関連情報