コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピルクハイマー Pirckheimer(Pirkheimer), Willibald

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ピルクハイマー
Pirckheimer(Pirkheimer), Willibald

[生]1470.12.5. アイヒシュテット
[没]1530.12.12. ニュルンベルク
ドイツの人文主義者。イタリアのパドバおよびパビアで学問を修め,1496年以来,父祖の都市ニュルンベルクに住みつき,市役員となり,外交使節として活躍した。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世スイス戦争 (1499) では,軍を指揮して皇帝を助け,のち『スイス戦争』 Schweizerkriegという著書を残した。そのほか古典の刊行や翻訳もある。反教会的で,最初宗教改革を支持し,J.エックと論争したが,1526年からはこれにも背を向けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ピルクハイマー【Willibald Pirckheimer】

1470‐1530
ドイツの人文主義者。ニュルンベルクの名門の出身で,1496‐1523年の間,同市の市参事会員を務めた。同市の人文主義者の指導者的存在で,画家のデューラーとも親しく,多くのギリシア・ローマの古典の翻訳・編集を行った。ルターの宗教改革運動が始まったとき,熱心に彼を支持したが,のちには反文化的な運動としてそれに冷淡な態度を示すようになった。【中村 賢二郎】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ピルクハイマーの関連キーワード12月5日パドバパビア

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android