コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィチン酸 フィチンさん phytic acid

2件 の用語解説(フィチン酸の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィチン酸
フィチンさん
phytic acid

イノシットヘキサリン酸のこと。化学式は C6H18O24P6・3H2O 。植物中にフィチン (フィチン酸カルシウムマグネシウム塩) として広く存在する。メソイノシットのヘキサリン酸エステルである。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

フィチン酸

 C6H18O24P6 (mw660.03).

 フィチンともいう.コメ,ムギなどの穀類に含まれるmyo-イノシトールの六つのヒドロキシル基がすべてリン酸エステルになった六リン酸エステル.植物の種子などに含まれており,金属を結合することから,金属の利用性を下げるといわれる.例えば,ダイズにもフィチン酸は含まれているので,ダイズタンパク質は脱フィチンをしないとカルシウムの利用性を下げるとされる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フィチン酸の関連キーワード水素土性ネオンハイペロンヘリウムボラン硬鋼ダイ・ハード4.0HAWAII FIVE-0ハワイ5-0

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フィチン酸の関連情報