コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィチン酸 フィチンさんphytic acid

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィチン酸
フィチンさん
phytic acid

イノシットヘキサリン酸のこと。化学式は C6H18O24P6・3H2O 。植物中にフィチン (フィチン酸のカルシウムマグネシウム塩) として広く存在する。メソイノシットのヘキサリン酸エステルである。黄色粘稠な液体。 100℃で着色し,125℃で黒化する。酸で加水分解され,イノシット (シクロヘキサンヘキサオール) とリン酸を生成する。植物種子では結実のときその含有量が増加し,発芽のとき減少するのでリン,カルシウム,マグネシウム供給源であると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典の解説

フィチン酸

 C6H18O24P6 (mw660.03).

 フィチンともいう.コメ,ムギなどの穀類に含まれるmyo-イノシトールの六つのヒドロキシル基がすべてリン酸エステルになった六リン酸エステル.植物の種子などに含まれており,金属を結合することから,金属の利用性を下げるといわれる.例えば,ダイズにもフィチン酸は含まれているので,ダイズタンパク質は脱フィチンをしないとカルシウムの利用性を下げるとされる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

フィチン酸の関連キーワードイノシトールポリリン酸ミオイノシトールアリューロン粒スポーツ貧血白米・玄米

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android