コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィッシャー=トロプシュ法 フィッシャー=トロプシュほうFischer-Tropsch process

1件 の用語解説(フィッシャー=トロプシュ法の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィッシャー=トロプシュ法
フィッシャー=トロプシュほう
Fischer-Tropsch process

1923年 F.フィッシャーと H.トロプシュによって始められた一酸化炭素の水素化による炭化水素合成法。合成ガス ( H2+CO ) を常圧または加圧下で,コバルトを触媒として約 200℃で接触水素化を行うと,主として直鎖パラフィンおよびオレフィンが生成する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフィッシャー=トロプシュ法の言及

【石炭液化】より


[石炭の間接液化]
 石炭をひとまずガス化して一酸化炭素と水素からなる合成ガスに変換したのち,触媒上で反応を行わせて,炭化水素油を合成する方法である。1920年代の初期にドイツのF.フィッシャーとH.トロプシュによってこの原理が発見されたのでフィッシャー=トロプシュ法(F‐T法)あるいは単にフィッシャー法と呼ばれる(フィッシャー合成)。この方法は現在も南アフリカ共和国のサゾール社で工業的規模において実施されているが,生産される液体燃料は主としてパラフィン炭化水素で,ディーゼル軽油としては好適であるが,ガソリン留分はそのままではオクタン価が低い欠点がある。…

【フィッシャー合成】より

…一酸化炭素の水素化反応によって液体の炭化水素燃料を合成する方法。1920年代の初め,ドイツのF.フィッシャーとトロプシュHans Tropsch(1889‐1935)によって発明されたので,F‐T合成法(フィッシャー=トロプシュ法)とも呼ばれる。石炭をガス化して一酸化炭素と水素からなる合成ガスに変えたのち,この方法で液体燃料を合成することができるので,石炭の間接液化法として位置づけることができる。…

※「フィッシャー=トロプシュ法」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フィッシャー=トロプシュ法の関連キーワード奥健蔵キネマ旬報日活(株)有島武郎伊藤野枝トルストイ長崎大学梁思成大森房吉ギューリック

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone