コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィルドゥーシー

百科事典マイペディアの解説

フィルドゥーシー

イラン最大の民族叙事詩人。神話・伝説に興味をもち,約30年を費やして,ペルシア建国からササン朝までの物語を《シャー・ナーメ》として完成。カズナ朝のスルタン,マフムード王に献じたが,わずかの報酬しか得られず,王を風刺した100行の詩を作った。
→関連項目アサディーガズナ朝マシュハド

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィルドゥーシー【Firdawsī】

934‐1025
イラン最大の民族叙事詩人。イラン東部のトゥースの地主の家に生まれ,980年ころ,イスラム以前のイランの神話,伝説,歴史を主題としてペルシア語で《シャー・ナーメ》の作詩に着手し,約30年かけて1010年に約6万対句からなる大作を完成し,ガズナ朝スルタン,マフムードに捧げたが報いられず,失意のうちに郷里で没した。彼の作とされたロマンス詩は後世の作と判明した。【黒柳 恒男】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフィルドゥーシーの言及

【シャー・ナーメ】より

…《王書》を意味し,フィルドゥーシーがペルシア語で作詩したイラン最大の民族叙事詩。980年ころアブー・マンスール編《散文王書》等を主たる資料として作詩に着手し,30年余の長年月にわたり作詩に没頭し,1010年ついに完成,ガズナ朝のマフムードに献じた。…

【ペルシア文学】より

…同じ世俗文学でも〈歴史・伝記文学〉に属するものに,《フワダーイ・ナーマグ(王の書)》がある。フィルドゥーシーの《シャー・ナーメ》に基本的素材を提供したのは,本書であったと考えられている。伝記文学では,ササン朝の創始者アルダシール1世の出生から即位までを,伝統的モティーフを取り込みながら物語る《カールナーマグ・イー・アルダシール・イー・パーパガーン(パーパクの子アルダシールの行伝)》がよく知られている。…

※「フィルドゥーシー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フィルドゥーシーの関連キーワードオデュッセイアハムサ

今日のキーワード

やおら

[副]1 ゆっくりと動作を起こすさま。おもむろに。「やおら立ち上がる」2 静かに。そっと。「姫君、御硯(すずり)を―引き寄せて」〈源・橋姫〉[補説]文化庁が発表した平成18年度「国語に関する世論調査」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android