フィロカリア(英語表記)philokalia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロカリア
philokalia

(1) 「美への愛」の意。アウグスチヌスによれば,真なる美とは知であり,「美への愛」は「知への愛」 philosophiaのいわば妹である。 (2) ギリシア正教会修道士散文集。ギリシア語表題の意味はこの場合「神の善と美への愛」。 1782年コリントのマカリオスとニコディモス・ハギオリチスの両主教によって編纂,発行された。内容は,11~12世紀以来修道院でヘシカズムの先駆者とみられていた教父たちやヘシカストたち自身の散文の抜粋から成り,そのテーマは内的禁欲主義である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィロカリア【Philokalia】

キリスト教の教えを伝える文献で,教父またはすぐれた修道士の著作の抜粋集。この題名のもとに2種類の作品が知られており,ひとつはオリゲネスの著作をカッパドキアバシレイオスとナジアンゾスのグレゴリオスとが抜粋したもので,4世紀の中葉に成立。他はアトス山の修道士がヘシュカスモスの教えをまとめたもので,1782年にベネチアで初めて刊行された。いずれもギリシア語で書かれ,後者は翻訳(特にスラブ語訳)によって東方正教会の神学思想に大きな影響を与えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android