コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フィロカリア フィロカリアphilokalia

2件 の用語解説(フィロカリアの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィロカリア
フィロカリア
philokalia

(1) 「美への愛」の意。アウグスチヌスによれば,真なる美とは知であり,「美への愛」は「知への愛」 philosophiaのいわば妹である。 (2) ギリシア正教会修道士の散文集。ギリシア語表題の意味はこの場合「神の善と美への愛」。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フィロカリア【Philokalia】

キリスト教の教えを伝える文献で,教父またはすぐれた修道士の著作の抜粋集。この題名のもとに2種類の作品が知られており,ひとつはオリゲネスの著作をカッパドキアバシレイオスとナジアンゾスのグレゴリオスとが抜粋したもので,4世紀の中葉に成立。他はアトス山の修道士がヘシュカスモスの教えをまとめたもので,1782年にベネチアで初めて刊行された。いずれもギリシア語で書かれ,後者は翻訳(特にスラブ語訳)によって東方正教会の神学思想に大きな影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone