コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フウラン

2件 の用語解説(フウランの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フウラン

本州中部〜沖縄,東アジアの暖地の樹上,岩上などにはえるラン科の常緑多年草。葉は密に短い茎に2列互生し,広線形で長さ5〜10cm,硬くて厚く内側に折れる。7月,葉腋から花柄を出し,芳香のある3〜5花をつける。
→関連項目ラン(蘭)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フウラン
ふうらん / 風蘭
[学]Neofinetia falcata Hu=Angraecum falcatum Benth. et Hook. f.

ラン科の常緑多年草。樹上に着生する。茎は短く、数本束生する。葉は互生し、鎌(かま)形で長さ5~10センチメートル、基部は葉鞘(ようしょう)となって茎を覆い、質は厚い。夏、下方の葉腋(ようえき)から花茎を直立し、径約1センチメートルで香りのある白色花を3~5個開く。花柄は5センチメートル。萼片(がくへん)は3枚。花弁は2枚、線状披針(ひしん)形で長さ約1センチメートル。唇弁は厚肉舌状で浅く3裂し、距(きょ)は長線形で湾曲し、花柄と同長である。中部地方南部以西の本州から沖縄に分布する。軽石などで中空にした鉢にミズゴケで植える。冬は灌水(かんすい)は控える。[猪股正夫]

文化史

江戸前期から栽培下にあり、『花壇地錦抄(ちきんしょう)』では、「根を竹の皮かしゅろの皮につつみて、中につりて置くべし」と栽培法を記述する。江戸後期には富貴蘭(ふうきらん)とよばれ、大名、武士、富豪が好んで栽培した。参勤交代の道中に大名は防臭を兼ね、籠(かご)に吊(つ)るしたという。葉の形や斑(ふ)の入り方などに生じた変異は名前がつけられ、その数は200を超える。従来花色の変異は少なかったが、1985年(昭和60)に和歌山から黄花が発表された。ほかに赤桃色の赤花系や黄緑色を帯びた緑花も近年注目を浴びつつある。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フウランの関連キーワードアカハラツワブキ東アジア小アジア暖地名護蘭アジアンポップス東アジア首脳会議フキヤマモモ

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フウランの関連情報