コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェッザーン

百科事典マイペディアの解説

フェッザーン

リビア南西部を占める地方。約57万km2でリビア全土の約3分の1を占めるが,住民はティブ人やトゥアレグ人など約5万人にすぎない。中心地はセブハー。大部分砂漠で,点在するオアシスでナツメヤシの栽培,手工芸品の製造が行われる。
→関連項目リビア

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェッザーン【al‐Fazzān】

アフリカ北部,リビア南西部を占める地域で,現在リビアの行政州の一つ。面積約55万2000km2,州都はセブハー。大半は砂漠地帯で,砂丘,ワーディー(涸れ川),塩水をたたえる潟が点在する。住民はティブ族やトアレグ族で,彼らは東部のクフラ・オアシスから南方のチャド湖やアルジェリア南部にかけての地域に生活している。 1943年リビアはイタリア統治から解放され,51年末連邦国家として独立したが,各州は軍事基地租借協定でそれぞれアメリカ,イギリス,フランスの事実上の支配下に置かれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフェッザーンの言及

【リビア】より

…リビア人の大半が今ではアラブ系住民であるが,西部のガダミスやガットにいるトゥアレグ族や,トリポリタニア海岸平野の定住農民の一部のベルベル語と独自の生活習慣を守る人びとは純粋のベルベルである。またフェッザーンやキレナイカ南部には,かつてオアシス農業の奴隷として中央サハラから連れてこられ定着したトゥーブ人などの黒人住民もいる。非アラブ住民としてはほかにも,ユダヤ人(レコンキスタ期にスペインを脱出してきた,いわゆる東洋系ユダヤ人)や大挙して入植したイタリア人らもいたが,今では大半がリビアを去っている。…

※「フェッザーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android