コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェッラーラ フェッラーラ Ferrara

3件 の用語解説(フェッラーラの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

フェッラーラ(Ferrara)

フェラーラ

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェッラーラ
ふぇっらーら
Ferrara

イタリア北東部、エミリア・ロマーニャフェッラーラ県の県都。人口13万0461(2001国勢調査速報値)。ポー川下流域に位置し、交通の要衝。元来湿地帯であったが、近年にまで及ぶ干拓事業によって豊かな農業地帯に転身した。農産物の集散地であるとともに、農業と関連した食品工業(製糖・製粉)や農業機械の製造が盛んである。石油化学の大工場がある。宗教改革サボナローラの生地。[堺 憲一]

歴史

657年に建てられたサン・ジョルジョ・ベッキオ教会周辺に形成された集落を起源とする。11~12世紀に都市としての体制を固め、オビッツォ2世Obizzo (在位1264~93)以来16世紀末までエステ家の本拠地として大いに繁栄した。その間1391年には大学が創設され、とくにボルソBorso(モデナ・レッジョ公1452~71、フェッラーラ公1471)とエルコレ1世Ercole (フェッラーラ・モデナ・レッジョ公1471~1505)の治世下にはルネサンス文化の中心地として全盛時代を迎え、絵画のフェッラーラ派を生み出した。教皇領(1598~1796、1815~60)となってから衰退するが、19世紀末にテンサイの栽培・加工を契機として市の再興が図られた。第二次世界大戦後、市街地が著しく拡大した。ロマネスク・ゴシック様式の大聖堂(1135~14世紀)のほか、エステ家の城(1385~1570)、スキファノイア宮殿(1385~1469)、ディアマンティ宮殿(1492~1575)などエステ家の繁栄を今日に伝える建物が多く残っている。[堺 憲一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェッラーラの関連キーワードロックフェラートランスフェラーゼフェラチオルシフェラーゼロックフェラーセンターカフェラテフェラーラフェラーラ大聖堂フェライト砂岩フェラーバンチャ

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フェッラーラの関連情報