コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェヒナーの法則 フェヒナーのほうそくFechner's law

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェヒナーの法則
フェヒナーのほうそく
Fechner's law

感覚の主観的大きさを弁別閾 R を単位に数量化する法則。 G.T.フェヒナーは,刺激の弁別 ΔS が刺激の客観的大きさ S に比例するというウェーバーの法則を基礎として基本公式 ΔR=K・ΔS/S を導き,これを解いて R=C・ log (S/S0) (ただし S0 は刺激閾,KとCは定数) という精神物理学対数法則が成立するとした。 (→ )  

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フェヒナーのほうそく【フェヒナーの法則 Fechner’s law】

ウェーバーの法則〉からフェヒナーが導き出した精神物理学的法則であり,〈ウェーバー=フェヒナーの法則〉ともいう。刺激Rが⊿Rだけ変化したときはじめてその差が感じられるとすれば⊿R/Rは一定であり,これがウェーバー比であるが,フェヒナーはこれをもとにして,感覚の強さSは刺激の強さRの対数の一次関数であるとした。SklogR(kは定数)。これは近似的なものである。【児玉 憲典】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェヒナーの法則
ふぇひなーのほうそく
Fechner's law

ドイツの物理学者・心理学者のフェヒナーがたてた感覚量Eと刺激量Rとの関係を表す法則で、ウェーバーの法則から導き出された。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフェヒナーの法則の言及

【精神物理学】より

フェヒナーが1860年に《精神物理学要綱》において創始した学問体系であり,精神と身体,心と物の関係を実験や測定によって明らかにしようとするもの。フェヒナーの法則が導出され,また精神物理学的測定法として丁度可知差異法,当否法,平均誤差法などが創案された。精神物理学そのものはその後の発展をみなかったが,それらの測定法は今日でも意義のある有用なものである。…

※「フェヒナーの法則」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェヒナーの法則の関連キーワードスティーブンズ(Stanley Smith Stevens)ウェーバー(Ernst Heinrich Weber)フェヒナー‐ヴェーバーの法則ウェーバーフェヒナーの法則S.S. スティーブンスメルケルの法則べき法則閾値等級

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android