フェリペ(5世)(読み)ふぇりぺ(英語表記)Felipe V

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェリペ(5世)
ふぇりぺ
Felipe V
(1683―1746)

スペイン国王(在位1700~24、1724~46)。フランスのルイ14世の孫でスペインブルボン家の開祖。後継者なく没したカルロス2世から王位を遺贈されたが、これに異議を唱えるハプスブルク家およびその同盟国とブルボン家との間で、いわゆるスペイン継承戦争が起こった。最終的にはユトレヒト条約により、ヨーロッパにあるスペインの多くの領土を放棄するかわりに、フェリペの王位は承認された。1724年に突如皇太子ルイス(ルイス1世)に王位を譲って引退したが、ルイス1世が6か月後に病死したので、ふたたび王位についた。外国人を含む有能な人材を登用し、中世以来のアラゴンの諸特権を廃止、中央集権化を進めるとともに、税制・財政改革、商工業の振興、陸海軍の整備、スペイン王立アカデミーや王立図書館等の創立にみられる文化行政の推進等が図られた。その結果、スペインは前世紀の没落からしだいに国力を回復した。[芝 修身]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

イグノーベル賞

ノーベル賞のパロディとして、世界中のさまざまな分野の研究の中から「人々を笑わせ、そして考えさせる業績」に対して贈られる賞。「イグノーベル(Ig Nobel)」とは、ノーベル賞創設者アルフレッド・ノーベ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android