コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルナン・ゴンサレス フェルナン・ゴンサレス Fernán Gonzáles

2件 の用語解説(フェルナン・ゴンサレスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルナン・ゴンサレス
フェルナン・ゴンサレス
Fernán Gonzáles

[生]910
[没]970
カスティリア伯 (在位 932~970) 。レオンアストゥリアスアルフォンソ4世からカスティリア伯の称号を受け,カスティリアの第一人者となった (932) 。ラミロ2世を助けて国土回復運動を進める一方,王国の内乱に乗じて伯領の自治権を獲得した (961) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フェルナン・ゴンサレス
ふぇるなんごんされす
Fernn Gonzlez
(?―970)

中世イベリア半島中北部に発祥したカスティーリャの支配者で、後のカスティーリャ王国の基礎を置いた。エブロ川上流のいくつかの要衝に再入植したラーラ一族の出身で、932年ごろにレオン王国の東の国境地帯をなすカスティーリャ(「城塞(じょうさい)の国」の意)の伯(コンデ)に任命された。当時の伯は、行政・司法・財政・軍事にまたがる権限を帯びる統治者だった。フェルナン・ゴンサレスは早くからレオンの宮廷で陰謀を画策、国王と対立した。10世紀後半、レオン王権の弱体化が顕著になると、彼は国王を廃立したり、レオン領の一部を自領に加えたりした。一方、東の隣国ナバラとの国境をめぐる確執から一時はその捕虜となった。彼の死後、息子のガルシア・フェルナンデスが後を継いだとき、宗主国レオンの王権にはもはやこれを阻止する力はなく、この伯職の世襲化によってカスティーリャの独立は既成の事実となった。[小林一宏]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フェルナン・ゴンサレスの関連キーワード階乗NエヌネオプラスティシスムNかMかN末端残基Diaz de la Peña,N.Gerhaert van Leyden,N.Politeia tōn Romaiōn

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone