コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォルトナー フォルトナーFortner, Wolfgang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォルトナー
Fortner, Wolfgang

[生]1907.10.12. ライプチヒ
[没]1987.9.5. ハイデルベルク
ドイツの作曲家。ライプチヒ音楽院と大学で学び,24歳でハイデルベルク教会音楽院の教授に就任。 1948年ベルリン音楽賞を受けた。 57年以降フライブルク音楽学校の作曲教授。作品は『交響曲』 (1947) ,『BACHによる幻想曲』 (50) ,オペラ血の婚礼』 (57) など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フォルトナー【Wolfgang Fortner】

1907‐1987
ドイツの作曲家。ライプチヒ音楽院で作曲を学び,その後ハイデルベルクで教育活動に従事。1935年同市で室内管弦楽団を設立,また〈Musica Viva〉という一連の音楽会を主宰して現代音楽の紹介に努め,54年以後,デトモルト,フライブルクで作曲教授として教育に携わった。第2次大戦前はストラビンスキー,ヒンデミットなどの影響により調性音楽を作曲していたが,48年以後は十二音技法を取り入れた作品を書いている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォルトナー
ふぉるとなー
Wolfgang Fortner
(1907―1987)

ドイツの作曲家。生地のライプツィヒ音楽院で作曲を、ライプツィヒ大学で音楽学を学ぶ。ハイデルベルクの教会音楽学校(1931~54)、デトモルト北西ドイツ音楽アカデミー(1954~57)、フライブルクの国立高等音楽学校(1957~72)で教鞭(きょうべん)をとり、ヘンツェらを育てた。一方ハイデルベルク室内管弦楽団を組織(1935)するかたわら、Musica Viva(ムジカ・ビーバ)と名づけた一連のコンサートを催し、現代音楽の紹介に努める。第二次世界大戦後は十二音技法による作品を書いている。作品にバレエ『白いばら』(1949)、オペラ『血の婚礼』(1956)など。[寺田由美子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

フォルトナーの関連キーワード複成片麻岩内褶曲新派劇オスメーニャエンデカッペンクラーク塚原渋柿園綱島梁川朴泳孝ブッセ

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone