コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

幻想曲 ゲンソウキョク

デジタル大辞泉の解説

げんそう‐きょく〔ゲンサウ‐〕【幻想曲】

形式にとらわれず、作者が自由に楽想を展開させて作る曲。ファンタジー

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

げんそうきょく【幻想曲 fantasy】

ファンタジーの訳語で,作曲者が伝統的な形式にとらわれず,幻想のおもむくままに自由に作曲した作品をさす。内容は,国,時代によって複雑かつ多様であるが,三つの主要なタイプに大別される。(1)16~17世紀には,対位法的書法によるリュートや鍵盤楽器,器楽合奏のための作品の名称として,フーガの前身をなすリチェルカーレとほぼ同義に用いられた。(2)幻想性,即興性を強調した幻想曲本来の姿に密着した作品で,J.S.バッハの《半音階的幻想曲とフーガ,ニ短調》,モーツァルトの《幻想曲,ニ短調》,ベートーベンの《幻想曲,作品77》,シューマンの《幻想小曲集,作品12》,リストの《パガニーニの〈鐘〉による華麗な大幻想曲》など。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

幻想曲
げんそうきょく

ファンタジア」のページをご覧ください。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

幻想曲
げんそうきょく
fantasy英語
fantasiaイタリア語
Fantasieドイツ語
fantaisieフランス語

自由に楽想を展開した作品、もしくは幻想的な内容をもつ作品で、「ファンタジア」「ファンタジー」の訳語。ただし18世紀以前は、厳格な対位法による器楽曲の名称であった。「ファンタジア」ということばは16世紀の初めから弦楽器のリュートやビウエラの曲集に現れ、17世紀の鍵盤(けんばん)曲では、主題の拡大や縮小などの高度な対位法を駆使した楽曲形式となる(フレスコバルディ、スウェーリンク)。同じころイギリスでは、ファンタジーは鍵盤楽器や器楽合奏のためのもっとも重要な形式と考えられていた(バード、ギボンズ、ブル、パーセル)。北ドイツ・オルガン楽派からは、対位法の伝統とプロテスタント精神を結び付けた長大な「コラール幻想曲」が生まれた(トゥンダー、ブクステフーデ)。J・S・バッハは、トッカータと同じ即興的な要素を用いたが、後にフーガを続けることが多い。
 対位法から完全に離れた、拍子や小節線にとらわれない自由な楽曲としてのファンタジアの発展は、C・P・E・バッハとともに始まる。しかしその形式や内容は、ソナタと多少の関係を残すもの(ベートーベンの『ムーンライト・ソナタ』、シューベルトの『さすらい人幻想曲』)から、詩的情趣に満ちた作品(シューマンの『幻想小曲集』)まで多種多様である。とくにリストは、オペラやその他の曲の旋律に基づいて華やかな技巧を示す作品(『パガニーニの「鐘」による華麗な大幻想曲』など)を数多く残している。[関根敏子]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

幻想曲の関連キーワードメンデルスゾーン:幻想曲 嬰ヘ短調「スコットランド・ソナタ」/piano soloベートーヴェン:ピアノ・ソナタ 第14番 嬰ハ短調 「月光」/piano soloシューベルト:幻想曲 ハ長調「さすらい人幻想曲」/piano soloシューベルト:幻想曲 ハ長調(グラーツの幻想曲)/piano soloメンデルスゾーン:3つの幻想曲、またはカプリス/piano soloショパン:ポロネーズ第7番 変イ長調「幻想」/piano soloバッハ:幻想曲 ハ短調(ロンドによる)/piano soloバッハ:2つの主題による幻想曲 ト短調/piano soloドップラー(Albert Franz Doppler)モーツァルト:幻想曲 ニ短調/piano soloモーツァルト:幻想曲 ハ短調/piano soloショパン:幻想曲 ヘ短調/piano soloバッハ:序曲 ヘ長調/piano soloトマス=タリスの主題による幻想曲幻想曲ハ長調「さすらい人」幻想曲ハ長調さすらい人杵屋 佐吉(5代目)キャラクタ・ピースチゴイネルワイゼンさすらい人幻想曲

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

幻想曲の関連情報