コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーサーズ フォーサーズFour Thirds

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーサーズ
Four Thirds

イーストマン・コダックオリンパスが提唱したデジタル一眼レフカメラ専用の規格。フォーサーズ撮像素子(→イメージセンサ)の大きさを表し,4/3型(17.3mm×13mm)。フォーサーズシステムは,フランジバック(撮像素子からレンズマウントまでの長さ)が 38.67mm,撮像素子の記録対角長が 21.63mm。レンズ焦点距離35ミリ判換算で 2倍に相当する。1号機は,2003年のオリンパスE-1。オープン規格なのが特徴で,賛同メーカーコダックとオリンパス以外にも,富士フイルム三洋電機シグマパナソニックライカカメラなど。当初はオリンパス製品のみで,シグマから交換レンズが発売されるだけだったが,2006年にパナソニックとライカもデジタル一眼レフを発売した。2008年には撮像素子の大きさはそのままに,フランジバックを 20mm短縮し,マウント外径を 6mm縮小,マウント電気接点を 11点に追加したマイクロフォーサーズシステムが登場,パナソニックとオリンパスから発売され,ミラーレス一眼ブームになった。今日ではマイクロフォーサーズが主流になっている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

フォー‐サーズ(Four Thirds)

オリンパス社と米国イーストマン‐コダック社により策定されたレンズ交換式デジタルカメラの共通規格。従来のフィルム一眼レフカメラのレンズと異なり、イメージセンサーへの光線の入射角がほぼ垂直になるよう設計され、画像周辺部の解像度と向上と周辺減光の改善がはかられている。名称はイメージセンサーの大きさが4/3型(約17.3×13ミリメートル)であることに由来する。→マイクロフォーサーズ

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

噴飯物

食べかけの飯をこらえきれずに噴き出してしまうほどに、おかしくてたまらない出来事。もの笑いのたねになるような、みっともない事柄。「政治屋が政界浄化を語るなど噴飯物だ」[補説]文化庁が発表した平成24年度...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォーサーズの関連情報