コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォーテスキュー フォーテスキュー Fortescue, Sir John

3件 の用語解説(フォーテスキューの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フォーテスキュー
フォーテスキュー
Fortescue, Sir John

[生]1385頃.サマセットノリス
[没]1479頃.グロスターシャー,エブリントン
イギリスの法律家。リンカーンズ・インで法律を学び,1442年には王座裁判所の首席裁判官,翌年ナイトランカスター派に属し,バラ戦争にかかわったが,61年ヘンリー6世とともにスコットランド,さらに 63年マーガレット王妃とともにフランスに亡命,71年再び王妃とともに帰国した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

フォーテスキュー【John Fortescue】

1394?‐1476?
イギリスのばら戦争期の法律家。裁判官として最高職に当たる王座裁判所首席裁判官(1442‐61)の際,ランカスター朝ヨーク朝に替わり,私権剝奪され,マーガレット王妃らと共にスコットランド,さらにフランドルに亡命。ランカスター朝復興に努力するが,敗れて捕らえられ,のち恩赦を受けヨーク朝のエドワード4世の正統性を認め,その国王評議会成員となる。亡命中の1470年ころ王子の教育のために書いた《イングランド法の礼賛について》(1537刊),および《イングランド王国の統治について》(1714刊)等の著作があるが,両著で英仏を比較しつつイングランドの法および立憲的政治を賛美している点は,後世に多大の影響を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォーテスキュー
ふぉーてすきゅー
Sir John Fortescue
(1394?―1476?)

ばら戦争期のイギリスの代表的法律家、法学者。ランカスター朝に仕え、王座裁判所首席裁判官(1442~1461)を長年務める。1461年、ヨーク朝のエドワード4世が即位した際、ランカスター朝の王妃マーガレット、王子とともにフランドルに亡命、主家の再興に努めるが、1471年敗北し捕らえられる。主著『イングランド法の礼賛について』(1537刊)は1470年ごろ、王子の教育のために書かれたといわれる。1473年にエドワード4世の正統性を認めたため国王評議会のメンバーとなる。『イングランド王国の統治について』(1714刊)は、このころの執筆といわれる。二つの著書は、フランスとの比較を通じてイングランドの法制度や立憲的政治を賛美している点で、その後のイギリスの「法の支配」観念や民主主義思想の発展に大きく寄与したものとして高く評価されている。[田中 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォーテスキューの関連キーワード陪審ブラクトンイギリスオランダ戦争イギリスビルマ戦争ジュリスト法律家イギリス巻簡易裁判所判事ばら戦争《女性に対するイギリスの法律》

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

フォーテスキューの関連情報