コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォール・リバー フォールリバー

2件 の用語解説(フォール・リバーの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

フォール・リバー

米国,マサチューセッツ州南東部の工業都市1812年戦争以降綿工業が始まり,米国綿工業の中心都市の一つとなったが,20世紀初頭以降衰退。ゴム・紙工業などがある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォール・リバー
ふぉーるりばー
Fall River

アメリカ合衆国、マサチューセッツ州南東部、ホープ湾に臨む海港・工業都市。人口9万1938(2000)。19世紀に合衆国最大の綿紡績工業の中心地として活躍し、1860年から1900年の40年間に人口は7倍以上にも達した。その後、衰退の一途をたどったが、現在も繊維・衣料関連工業は盛んで、金属、プラスチック繊維機械、製紙など多種工業がある。1656年に町が建設された。1811年に綿紡績工業がおこり、54年より市制が施行された。独立戦争の激戦地でもある。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

フォール・リバーの関連キーワードウォルサムチャタムファルマスボストンマサチューセッツ工科大学剣橋マサチューセッツハイアニス

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone