コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フォール・リバー フォールリバー

百科事典マイペディアの解説

フォール・リバー

米国,マサチューセッツ州南東部の工業都市1812年戦争以降綿工業が始まり,米国綿工業の中心都市の一つとなったが,20世紀初頭以降衰退。ゴム・紙工業などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フォール・リバー
ふぉーるりばー
Fall River

アメリカ合衆国、マサチューセッツ州南東部、ホープ湾に臨む海港・工業都市。人口9万1938(2000)。19世紀に合衆国最大の綿紡績工業の中心地として活躍し、1860年から1900年の40年間に人口は7倍以上にも達した。その後、衰退の一途をたどったが、現在も繊維・衣料関連工業は盛んで、金属、プラスチック、繊維機械、製紙など多種工業がある。1656年に町が建設された。1811年に綿紡績工業がおこり、54年より市制が施行された。独立戦争の激戦地でもある。[作野和世]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

フォール・リバーの関連キーワードデミル(Agnes De Mille)ケイ(Nora Kaye)アリシア アロンソノラ ケイクライザバレエ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android