コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フカノキ Schefflera octophylla Harms

2件 の用語解説(フカノキの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

フカノキ【Schefflera octophylla Harms】

ウコギ科の常緑小高木で,高さ10mに達し,互生する掌状複葉は6~8小葉からなる。晩秋に茎に頂生する円錐状の花序に,多くの淡緑色の花を散形花序をなしてつける。九州南部から沖縄,台湾から中国大陸南部に自生する。 フカノキ属Scheffleraは熱帯アジアを中心に150種ほどもあり,高木から低木,あるいは着生状の半つる性木本植物で,観葉植物として栽培されるものがある。それらのうち台湾や中国南部に分布するヤドリフカノキS.arboricola Hayataは,比較的寒さに強く,茎がよじのぼり性を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

フカノキ
ふかのき
[学]Schefflera octophylla Harms

ウコギ科の常緑高木。高さ15メートル、径1メートル前後に育つ。若枝は褐色を帯びた星状細毛を密生するが、のちに無毛となる。葉は大形の掌状葉で、長さ15~30センチメートルの葉柄の先につく。小葉は7~11枚、長さ7~20センチメートルの狭長楕円(だえん)形で、先が急にとがる。11月から翌年1月にかけ、枝頂に散形花序をつける。花は5~8弁、白緑色を帯びた小花で、5月ころ、小球形の果実が黒く熟す。材は下駄(げた)やその他の器具の材料とされる。宮崎県以南の九州、沖縄、台湾、中国大陸、インドシナに分布する。[植村猶行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のフカノキの言及

【カポック】より

…なお,近縁のインドワタノキ(キワタともいう)Bombax malabaricum DC.としばしば混同される。また近年,日本でホンコンカポックまたは単にカポックと称して観葉植物が市販されているが,これはウコギ科のSchefflera octophyllaなどで別物である。【星川 清親】。…

※「フカノキ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

フカノキの関連キーワード風速ケック望遠鏡Keckホールデンの定義日野 プロフィア芥屋大門佐良山古墳群江別古墳群私市円山古墳高梨氏館跡

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone