コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フサコケムシ(総苔虫) フサコケムシBugula neritina

世界大百科事典 第2版の解説

フサコケムシ【フサコケムシ(総苔虫) Bugula neritina】

フサコケムシ科の外肛動物。日本一円から世界中の浅海に広く分布する。漁網,船底や海中の諸施設に付着し,高さ5cmほどの扇状やくさむら状の群体をつくる。群体は褐色~紫褐色で,多数に枝分れし,各枝には虫室が2列に並んでいる。各虫室の前縁両側は多少突出するがとげはない。また虫室の前縁に球形の卵室ができ,多いときには1列に並んだように見える。早朝,幼生が卵室から泳ぎだし,数時間後には他物に着生してしまう。いろいろな物に付着して群体をつくり害を与えるために汚損生物の一つにされている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のフサコケムシ(総苔虫)の言及

【コケムシ(苔虫)】より

… 世界で現生種は約4000種知られているが,有用種はまったくなく,すべてのものが有害であるといってよい。フサコケムシBugula neritina,チゴケムシDakaria subovoideaなどは船底について船速を遅くさせたり,冷却水路を狭めるなどの害を与え,またホンダワラコケムシZoobotryon pellucidumやセンナリコケムシBowerbankia imbricataは定置網の水通しを悪くしたり,養殖貝を殺すこともある。ヒラハコケムシMembranipora serrilamellaは有用海藻について品質を低下させ,大きな被害を与えている。…

【コケムシ(苔虫)】より

… 世界で現生種は約4000種知られているが,有用種はまったくなく,すべてのものが有害であるといってよい。フサコケムシBugula neritina,チゴケムシDakaria subovoideaなどは船底について船速を遅くさせたり,冷却水路を狭めるなどの害を与え,またホンダワラコケムシZoobotryon pellucidumやセンナリコケムシBowerbankia imbricataは定置網の水通しを悪くしたり,養殖貝を殺すこともある。ヒラハコケムシMembranipora serrilamellaは有用海藻について品質を低下させ,大きな被害を与えている。…

※「フサコケムシ(総苔虫)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android