コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

キチン質 キチンしつ chitin; chitosan

2件 の用語解説(キチン質の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

キチン質
キチンしつ
chitin; chitosan

エビ,カニなどの甲殻類の殻や,カブトムシのような節足動物の外骨格,軟体動物の器官部,カビ,酵母,キノコなどの真菌類の細胞壁などに含まれるムコ多糖キチンキトサンの総称。自然界に広く分布しており,全地球上での生物生産量は年間 10億tとも 1000億tともいわれる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キチン質
きちんしつ

かつて昆虫・甲殻類のクチクラの主要構成物質と考えられた物質。その後の研究により、昆虫のクチクラは、繊維状のキチンと、クチクラの硬さを維持するキノン硬化されたタンパク質からなることが明らかとなったため、本来の意義を失い昆虫などのクチクラの同義語として用いられている。[竹内重夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

キチン質の関連キーワード海老蝲蛄沼海老袋虫蟹騙兜蝦藻蝦横蝦草鞋虫兜蒸し

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

キチン質の関連情報