キチン質(読み)キチンしつ(英語表記)chitin; chitosan

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

エビ,カニなどの甲殻類や,カブトムシのような節足動物の外骨格,軟体動物の器官部,カビ,酵母,キノコなどの真菌類細胞壁などに含まれるムコ多糖キチンキトサン総称。自然界に広く分布しており,全地球上での生物生産量は年間 10億tとも 1000億tともいわれる。未利用のバイオマス資源として工業的利用に関心が高まっている。現在までに,キチン質の分子認識能を利用したアフィニティクロマトグラフィー担体,保水機能を利用した保湿剤,膜形成能を利用した頭髪化粧品,自己接着能を利用して縫合糸や人工皮膚など,多様な機能を生かした実用化が幅広く行なわれており,抗菌抗カビ剤止血剤液晶などへの新しい応用・開発研究も活発に行なわれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

かつて昆虫・甲殻類のクチクラの主要構成物質と考えられた物質。その後の研究により、昆虫のクチクラは、繊維状のキチンと、クチクラの硬さを維持するキノン硬化されたタンパク質からなることが明らかとなったため、本来の意義を失い昆虫などのクチクラの同義語として用いられている。[竹内重夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 昆虫や甲殻類の外骨格や堅い皮膚をつくっている物質の一般的呼称。化学的組成としてはキチンのほか蛋白質を含み、その比率は種類によって異なる。
※簑虫と蜘蛛(1921)〈寺田寅彦〉「外皮に硬いキチン質を具へた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報