コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フシグロ(節黒) フシグロMelandryum firmum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フシグロ(節黒)
フシグロ
Melandryum firmum

ナデシコ科の越年草で,アジア東部の温帯に広く分布する。茎は無毛平滑で高さ 30~60cmとなり,長さ3~10cmの長楕円形でほとんど柄のない葉を対生する。この葉のつく部分,つまり節が紫褐色を帯びるのでこの和名がある。夏に,枝分れする花序を茎の上部と葉腋につけ,長さ 1cm足らずの鐘形萼筒をもった花をつける。この萼筒は緑色で縦に 10本ほどの紫褐色の脈が目立つ。花弁は萼筒の内側から5枚出て,白色であるがごく小さい。この属の植物としてはほかに南アルプスの北岳などに高山性のタカネマンテマ M. apetalumがあり,北半球の周極地方にも広く分布している。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フシグロ【フシグロ(節黒) Melandryum firmum (Sieb.et Zucc.) Rohrb.】

原野や林縁に普通にみられる無毛のナデシコ科多年草(イラスト)。和名は節の部分が暗紫色を帯びることからついた。茎は基部から直立し,高さ30~80cmに達する。葉は対生し,長さ5~10cmで長楕円形,先はとがる。5~10月,茎の先や上部の葉腋(ようえき)に集散花序をつける。葉腋から出る花序の枝は,暖かい地方のものでは長く伸びるが,本州以北のものではわずかしか伸びないので,花が節にかたまってつくように見える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フシグロ(節黒)の関連キーワード原野

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android