コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フジャンド

百科事典マイペディアの解説

フジャンド

タジキスタンの北西部の都市。肥沃なフェルガナ盆地の西部,シル・ダリヤ川の河岸に位置し,ウズベキスタンキルギスとの国境にも近い。中央アジアの最も古い都市の一つで,シルクロード上の重要地点でもあった。絹生産の主要中心地で,ほかに綿,食品の加工などが行なわれている。ソビエト連邦時代にはレニナバードと呼ばれていた。人口14万7400人(2002)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

フジャンド【Khudzhand】

中央アジア,タジキスタン共和国の同名州の州都。シル・ダリヤ河畔にある。人口16万7000(1989)。1936年までホジェントKhodzhent,36‐91年レニナバードLeninabadと称され,91年現名に改称。中央アジア最古の都市の一つ。1866年ロシア軍に占領されたが,1916年7月4日,帝政支配に対する中央アジア諸民族の反植民地反乱の口火をきった。織物,食料品,金属加工などの工場,絹コンビナートがある。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

フジャンドの関連キーワードタジキスタンホジャンド

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android