フタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)(読み)フタバスズキリュウ

百科事典マイペディアの解説

1968年福島県いわき市板木沢の双葉層群(白亜紀後期)から発見された首長竜一種。長い首をもち,四肢はひれ状となり,水中生活をしていた。発見地と発見者鈴木直(当時高校生)に因んで命名化石はほぼ全身がみつかり,全長は約7m。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

爬虫綱の鰭竜(きりゆう)目Sauropterygiaに属する蛇頸竜(だけいりゆう)または長頸竜,俗に首長竜と呼ばれるものの1種。1968年に高校生の鈴木直が発見した。場所は福島県いわき市久之浜町を流れる大久川岸の露頭で,白亜紀後期の双葉層群と呼ばれる地層中である。国立科学博物館の長谷川善和,小畠郁生らが2年間に十数回発掘を行い,1個体に属する骨格を得た。室内作業には5年を要した。頭骨,胸骨,骨盤など重要な部分があり,骨格復元が可能であった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のフタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)の言及

【首長竜】より

… 福島県および北海道などから白亜紀の首長竜化石が何種類か産出している。とくに福島県いわき市から発見されたフタバスズキリュウは環太平洋のアジア側から産出した最良の標本として注目されている。【長谷川 善和】。…

※「フタバスズキリュウ(双葉鈴木竜)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ソーシャル・ディスタンシング

感染症の予防戦略の一つで、有効な治療薬や予防薬などがない重大な感染症が国や地域に侵入した場合に、人の移動や社会・経済活動に制限を加えて、人同士の接触を減らす取り組みのこと。例えば、学校・保育施設の一時...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android